アニメ好きなら知っておくべき秘密

【漫画】シックスハーフの結末ネタバレと最終巻を無料で読む方法

記憶喪失に悪質な噂など孤独を抱えながらも懸命に生きる姿を描いた

「シックスハーフ」作者:池谷理香子。

その感動的な結末と禁断の恋模様に多くの人が注目しましたが2015年に完結。

そこで今回は今更聞けない物語の結末ネタバレおよび

最終巻を無料で読む方法についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

シックスハーフの結末ネタバレ

ネタバレの前に結末にも関係するタイトルの「シックスハーフ」の意味について

調べてみました。

「シックスハーフの意味」

シックスハーフとは靴のサイズを表す言葉です。

誤解されがちですが26、5センチの略語ではなくアメリカサイズの6、5

USA6、5という意味です。レディースの23、5センチくらいの事を指します。

これだけ聞くとタイトルと内容に全く関係ないように感じますが

クッキーの公式ホームページに載っている作者インタビューによると

靴=中身がない。これに記憶を失った主人公を掛け合わせ

中身がないとわかっていても同じ身体で歩んでいかないといけない

という意味が込められているそうです。

つまり「シックスハーフ」とは主人公の生き様をそのままタイトルにしている事になります。

Sponsored Links

10巻までのネタバレ

9巻でついに記憶が戻った詩織は記憶をなくす前に実はイジメられる所かイジメていた

妹の真歩の為、医大進学資金を貯める為、芸能会の仕事を懸命にこなしだす。

そして血の繋がらない兄の幸せを祈り自身の気持ちを隠しとおす事を決めるが

わずかな期間付き合っていた開に別れを切り出す際

おにーさんとどーこーなる気がないなら納得できないと言われ、背中を押される。

そんなヤキモキしながらも慌ただしい日々を送る中

ある日突然、詩織の母が家に帰ってきた。しかも男連れで。

母は兄、明夫を追い出し、詩織と真歩に取り入ろうと動き出す。

勿論、これには理由があり、母の男が父の遺産目当てに行動したからでした。

この事実を知った明夫は母に全ての遺産を預けようとしていたのを撤回。

豹変する母だが、真歩が明夫を家族として受け入れないなら無理といわれ

母は男と共に嵐のように去っていった。

そして詩織から愛の告白をされ、それに対し、自身の想いを伝えるのだった。

最終巻11巻の結末ネタバレ

前巻でお互いの想いを伝えあったにもかかわらず明夫は兄として

詩織を大切に扱う事にモヤモヤする詩織。しかも仕事が忙しくなり

マネージャーから寮に住むよう命令され、明夫にも賛成された為

母がいなくなりやっと平穏な元の生活に戻れたばかりなのに

再び会えない日々になってしまう。

そして卒業式、仕事が忙しい中時間を作り久しぶりに地元に戻る詩織。

明夫への想いは忘れられないが、あえて会わずに東京に帰ろうとするが

電話越しで今までの積年の想いの丈を明夫からぶつけられます。

その後、妹の真歩にも報告するが

「元々ややこしい家系だからもうちょっとややこしくなっても気にしない」との事。

こうして二人は結ばれ、物語は完結していきます。
 

シックスハーフの最終巻を無料で読む方法

明夫の想いの丈やその時の詩織の感情のブレ動きなどはまさに圧巻の一言。

単行本11巻分だけでなく、小さな頃からの積み重ねなどが一気にあふれ出る感じは

控えめに言って感動です。

今回、あえて明夫の心情などはネタバレしていないのは私の文章力では

文章だけで表現しようとすると

少しクサく、嘘っぽいものになるように感じたからです。

今なら「U-NEXT」の無料トライアルで最終巻も無料で読めますのでまだ読んでいない

気になる方はチェックしてみてください。

言葉の意味が少しでも伝わると幸いです。

U-NEXT公式サイトはこちら

※2018年4月現在の情報ですのでU-NEXT公式サイト
よりご確認下さい。

読者感想まとめ

・とても良かった。最後まで良すぎたせいか終わった後、胸にポッカリ感が出来た。

・リボン世代には少し大人っぽ過ぎる気がするけど何度読んでも感動する。

・最後の最後にラブラブシーンが見れて報われた気がする。次回作にも期待です。

まとめ

多くの人に感動をあたえた「シックスハーフ」ですが

最終回までずっと良かったなど周りからは大きく評価されている事がわかります。

最終巻が気になる方は前述した通り「u-next」で無料で見れるので一度覗いてみてください。

また読んだ方は下のコメント欄から感想を教えてもらえるとうれしいです。

以上「シックスハーフ」最終巻のネタバレ及び無料で読む方法についてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ