ブラックラグーン最新刊11巻の発売日と連載再開予定まとめ

ragoon

ブラックラグーンは2017年に発売?

そんな情報もありブラックラグーン最新刊11巻の発売日を調べてみました。

2002年5月から連載開始(0話は2001年)してから14年、

アニメが2006年に放送されてから10年が経過した『BLACK LAGOON』(ブラック・ラグーン)。

発行部数は500万部を超える人気ガンアクション漫画(作者:広江礼威)です。

単行本は2014年5月に10巻が発売されてから2年5ヶ月が経過しています。

休載中のため遅れている11巻の発売はいつになるのか、

作者のツイートなどから発売日の予定や連載再開の情報を調べてみました。

スポンサーリンク

ブラック・ラグーン連載再開予定まとめ

『BLACK LAGOON』(ブラック・ラグーン)は月刊サンデージェネックスにて連載していますが

2014年2月号を最後に今年の11月号予告にも載っておらず休載中です。

9巻発売以降の休載

2010年7月号から2013年1月号まで休載(2年と6ヶ月)
2013年2月号から2014年2月号まで隔号連載(約1年)

休載理由:単行本刊行作業や体調不良のため

10巻発売以降の休載

2014年2月号から現在(2016年11月号未掲載)

休載理由:体調不良と多忙のため

単行本1巻につき9話から12話掲載されていて月刊誌での連載なので

下の表のように8ヶ月から1年3ヶ月で単行本化しています。

1巻から10巻までの発売日( )内は前巻からのスパン

1巻 2002年12月12日
2巻 2003年7月19日(7ヶ月)
3巻 2004年4月19日(9ヶ月)
4巻 2005年7月19日(1年3ヶ月)
5巻 2006年3月17日(8ヶ月)
6巻 2006年11月17日(8ヶ月)
7巻 2007年10月19日(11ヵ月)
8巻 2008年7月18日(9ヶ月)
9巻 2009年10月24日(1年3ヶ月)
10巻 2014年5月19日(4年7ヶ月)

現在、休載中ですが仮に2016年12月号から連載が再開されたとして

8話分が2017年6月発売の7月号まで、単行本を翌月に発売とすると

2017年7月発売が最速、12話分であればさらに4か月後の2017年11月発売になります。

これは今年の12月号から毎月連載されることを想定しての予想発売日なので

連載開始が遅くなったり、休載が入ると日にちもずれていきます。

では、作者は連載を再開する気があるのか、毎月連載されるのか、

作者のツイートからもう少し詳しくみてみます。
 
 

休載理由と連載再開予定

2014年2月号を最後に連載が止まっていますが、作者のツイッターは更新されています。

2015年4月のツイートには

ブラクラのコンテを書きためる方向で作業してるんだけど、

一日結構な枚数進んで悦に入ったりしてても、一日潰れる案件(オフではない)が複数入った後に均すと

一日2、3枚しか進んでない事が判明したりして心折れる

また2015年11月11日には他の仕事と同時に進めている様子がツイートされています。

元気そうにもみえますが、他の仕事と重なっていて忙しいようでした。

ただ、「医者に行ってきた」というツイートもあったので、何かしら持病を抱えているようでした。

ブラックラグーンの10巻あとがきにはその苦労も書かれています。

色々と重なっちゃってどうも進められなくなってしまい休筆みたいな形に。

一年くらいで作業は再開していたのですが、単行本はここまで時間がかかってしまいました。

休載宣言でもやればよかったのにダウンした時にはそんなに再起が大変なものだと思ってなかったもので油断した・・・。

ー 噂を漏れ聞くには「まあそうにしか見えんよね」という感じのものが多く

実際のところは違うとはいえ大変申し訳ない感。  

ブラックラグーン10巻あとがきより(一部を抜粋)

10巻発売前の2010年6月以降に休載したときは体調と多忙が原因だったようですね。

ダウンしたせいで作業するための体力がついてこれなかったのかもしれませんね。

あとがきにも一年で作業は再開とありますが

上のツイートにあるように2014年2月号以降休載のあと、2015年4月にはコンテを書き溜める作業をしていましたから

今回の休載に入った一年後には再開されているようですね。

では10巻と同じペースとなると11巻の発売日は2018年12月・・になってしまいますが、

もっと早く11巻が発売される、そんな期待ができる作者のツイートがありました。

11巻分のネームは全部上がっているとのこと。

これに反応したファンからはたくさんのリプが届いていました。

・体に気を付けてゆっくり仕上げてください!

・楽しみに待っています。

・何年でも待ちます!

作者の広江さんもお礼を言っていたり、返信したりして見守っているファンを大切にしているのが見受けられました。

そして「何年でも待ちます!」といったリプには

「そんなに待たせないと思います。」とも。

単行本にするまでに連載を再開して1年近くはかかりますが、2年もかからないのではともとれます。

もし2017年以内に発売されるのであれば遅くても2017年5月号には連載が再開されるのではと予想します。

そして発売日について具体的に作者の広江さんが答えていました。

それは下の『ブラックラグーン最新刊11巻の発売日について 』で。

スポンサーリンク

ブラックラグーン最新刊11巻の発売日について

上の方で連載が2016年12月号から始まった場合には

2017年7月から2017年11月頃の発売になると予想しました。

そしてファンへの返信から数年もかからず発売できると思われますので

2018年前半までには発売できそうな気配ですね。

そしてさらに具体的にファンに答えているツイートがありました。

海外からのリプに2017年には11巻が出ていると思うと作者は答えています。

なので、上でも書いたように12月号から連載が再開されたとして11巻発売日は

最速で2017年7月、話数によっては2017年11月頃の発売になると思われます。

ただ、作者は通院されているようなので体調次第では延期もあるかもしれません。
 
 

まとめ

作者の広江礼威さんのツイッターを見ているとファンを大切にされている様子がわかります。

同人だったりコスプレだったり、それらを楽しんでくれているファンをありがたいと思っているし、嬉しい様子が伝わります。

病気は本人でしかわからない辛さもありますから、そういったことも乗り越えて

作られるこれからのブラック・ラグーンは今まで以上に楽しませてくれそうですね。

ブラック・ラグーン11巻の2017年の発売を楽しみにしたいと思います。

以上、『ブラックラグーン最新刊11巻の発売日と連載再開予定まとめ』でした。
 
 
いつもコメントをありがとうございます。

ブラック・ラグーンのここが好き!というところや感想を下のコメント欄から教えてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ