アニメ好きなら知っておくべき秘密

【アニメ】銀魂続編6期はいつ頃か放送日や内容は完結編かを考察

週刊少年ジャンプにて絶賛連載中の銀魂(作者:空知英秋)。

2017年10月から『ポロリ篇』が放送。

映画、実写と次々と成功を収めていますが

今後の続編の可能性と放送時期について考察していきます。

Sponsored Links

円盤売上について

これまでのDVD、BDの売上です。

1期第1シーズン(全12巻)
1巻24859枚 2巻16089枚  
3巻15932枚 4巻13961枚  
5巻13555枚 6巻13748枚
7巻17161枚 8巻15079枚  
9巻13864枚 10巻14612枚 
11巻12509枚 12巻14002枚

1期第2シーズン(全13巻)
1巻18072枚 2巻15349枚  
3巻19872枚 4巻14286枚  
5巻13758枚 6巻13498枚
7巻17729枚 8巻14502枚  
9巻13496枚 10巻14819枚 
11巻13686枚 12巻12970枚
13巻15197枚

1期第3シーズン(全13巻)
1巻19974枚 2巻16601枚  
3巻16972枚 4巻13719枚  
5巻15366枚 6巻16315枚
7巻13859枚 8巻15455枚  
9巻13544枚 10巻13271枚 
11巻13744枚 12巻15406枚
13巻14440枚

1期第4シーズン(全13巻)
1巻15643枚 2巻12231枚  
3巻12917枚 4巻14330枚  
5巻13185枚 6巻11688枚
7巻13370枚 8巻12015枚  
9巻12862枚 10巻11729枚 
11巻11527枚 12巻12198枚
13巻11674枚

劇場版銀魂 新訳紅桜篇
限定 119291枚
通常 20059枚

銀魂2期(全13巻)
1巻17340枚 2巻12945枚  
3巻14769枚 4巻14049枚  
5巻12707枚 6巻11265枚
7巻11956枚 8巻11452枚  
9巻11580枚 10巻10649枚 
11巻12225枚 12巻11003枚
13巻11535枚

銀魂2期延長戦(全4巻)
1巻12349枚
2巻9133枚
3巻8475枚
4巻7901枚

劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
限定110738枚
通常33465枚

銀魂3期(全13巻)
1巻9152枚 2巻6727枚  
3巻6243枚 4巻5538枚  
5巻5410枚 6巻4565枚
7巻5473枚 8巻5320枚  
9巻5014枚 10巻6413枚 
11巻6398枚 12巻6058枚
13巻6717枚

映画は10万枚以上売れ

本編も1期2期は1万枚以上、2期延長戦、3期でも常に5000枚は売れる

人気ぶりがうかがえます。

また、4期(5期)最終話、エンディングにて、小栗旬らを銀時の声優にアテレコさせ

実写宣伝した後、過去回想篇の発表。

最後のテロップにて実写チームの皆さん映画ヒットしたらアニメに8000億ください。

チンタラやりつつまっていま~す。

という一見、不謹慎に見える続編制作をにおわせる発言をされていたため

続編(6期)制作は確定。

最終話までの長い道のりを考えると次の続編6期(7期)制作もほぼ確定と考えても問題ないと考察します。

Sponsored Links

放送日はいつ頃か

銀魂の過去の放送は

1期が2006年4月~2010年3月末まで4年という長期放送

『劇場版 銀魂 新訳紅桜編』の放映を一つの区切りとして放送終了しました。

しかし、その後わずか1年という短いスパンで2期を放送が決定

2011年4月~2012年3月末まで1年間放送した後

延長戦と表して続編を2012年10月~3月末まで放送

(延長戦は3期ではなくあくまで2期の続き扱い)

完全オリジナル新作『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』を放映

これをもってアニメ版は完結と断言されます。

その後何があったのか、アニメ版完結を断言して2年後に3期(4期)放送

2015年4月~2016年3月末まで1年間放送後

映画製作をしないまま惜しまれつつも放送終了します。

そして2017年1月、4期(5期)制作

完結まで話を続けるのかと思いきやわずか1クールで放送終了します。

これにはシリアス続きの展開や、深夜枠放送が響いたのではないかと考察します。

そしてアニメ5期(6期)は2017年10月から開始

内容はポロリ篇になります。

そして次の続編も2018年に放送

物語が完結するまでが描かれると考察します。

 
 

内容は完結編?

次の続編では原作最終章、銀ノ魂篇が描かれると思います。

しかし、銀ノ魂篇にはこれまで登場した

様々なキャラクターが乱立します。

万事屋や普段から登場するレギュラーは勿論

長編にしっかり登場した次郎長や鉄子、外道丸などはともかく

小銭形、勝男や狂死郎、柳生四天王など懐かしすぎるキャラクターが多数出ます。

さらに今までネタ枠扱いされていた

ハタ皇子やヘドロまで過去話を引っ提げ登場するといった祭りのような展開になります。

なので、彼らを思い出すための紹介を兼ねたギャグ回が必要です。

おまけに主人公である銀時や歌舞伎町の住民たちが戦う歌舞伎町サイドと

アルタナ解放軍との交渉を行う宇宙サイドに分かれて描かれており

各陣営がどのように動くのかわかりやすく描く必要があります。

6期では1、2話復習回を挟んでから一気に最終決戦となり

シリアスの中に上手くギャグを絡めた銀魂らしい最後の戦いを演出した後

物語が完結すると考察します。
 
 

まとめ

売上やこれまでの経緯からかなり早い段階で制作されるのが予想されます。

その為、銀魂6期(7期)は2018年の年明けから2シーズン放送

秋ごろには終了後、より抜き銀魂など再放送で繋ぎながら最終章を制作

2019年に銀魂(最終章)を放送すると考察します。

以上、『アニメ銀魂続編6期はいつ頃か放送日や内容は完結編かを考察』でした。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ