私がモテてどうすんだ1巻から10巻までのあらすじとネタバレ!

1

思わず吹き出して笑ってしまう漫画「私がモテてどうすんだ」(作:ぢゅん子)。

アニメも2016年10月から放送され第40回講談社漫画賞も受賞 。

イケメン同士を見るのが好きな腐女子がイケメンたちに囲まれることになるという物語で「 面白すぎる」と人気の作品です。

今回は「私がモテてどうすんだ」の1巻から10巻までのあらすじとネタバレを紹介します。

スポンサーリンク

1巻から10巻までのあらすじとネタバレ

先にあらすじを紹介しています。

そのあとにネタバレを書いていますのでご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーー

1巻のあらすじ

王子様のとなりにはお姫様、なんて誰が決めたのかしら?

そんな腐女子がある日、大好きだったアニメキャラが死んでしまい、ショックから飲まず食わずの一週間で美少女に変身。

イケメン4人からモテ始めてしまう、腐女子の花依。

ーーーーーーーーーーーーーー

2巻のあらすじ

学園祭でコスプレカフェをすることになった花依のクラス。

準備する中、4人だけでいることに違和感を覚える五十嵐。

学園祭では一人ずつ時間を決めて花依と二人っきりになることに。

学園祭が終わったあとのクリスマスではパーティーをしようと4人が提案するが断る花依。

花依が望んだクリスマスは・・・。

ーーーーーーーーーーーーーー

3巻のあらすじ

クリスマスのコミケで知り合った二科志麻(にしな しま)は同じ高校の女子、1年生だった。

志麻 は花依がファンの同人作家・横縞であることを知り、 腐女子仲間に。

志麻からアニメのバレンタイン企画でチョコを送ることにした花依はチョコの失敗作を食べ過ぎて、元のぽっちゃり体型に戻ってしまう。

ーーーーーーーーーーーーーー

4巻 あらすじ

太ってしまった花依のときにあらためて恋心を抱いた五十嵐は花依のためにアニメを勉強。

そんな五十嵐に昔からサッカーに勝てなかった七島は負けても仕方ない理由を作ってきていた。

球技大会でも投げ出そうとしていた七島に花依は自分がアニメキャラが死んだあと、どうやって乗り越えてきたかで諭す。

ーーーーーーーーーーーーーー

5巻のあらすじ

六見が史学部で見つけた宝の地図を見つけ、みんで出かけることに。

だがそれは、卒業した六見のいたずらで、ひとつなぎの財宝を探す旅は終わる。

その六見の兄・一馬が教育実習生として花依たちの学校に。

一馬も花依を狙い始め、嵐が巻き起こるーー。

5
ーーーーーーーーーーーーーー

6巻 あらすじ

六見が花依に告白しようとしたことで、全員が花依に告白することに。

選べない花依はひとりずつデートをすることを提案。

そして花依は『特別な人』を見つけるー。

ーーーーーーーーーーーーーー

7巻 あらすじ

アニメに出てくる殿の命日に聖地巡礼をすることになった6人。

お墓参りのあと首塚のある島へ行こうと花依と志麻。

地元に人に祟りがあるからやめた方がいいと止められるが、結局アヒルボートを貸し出してもらって、いざ島へ。

ーーーーーーーーーーーーーー

8巻 あらすじ

国家機密に関わる仕事をしていた花依の父が帰ってきた。

若い頃の母親そっくりになっていた花依を心配でして、まわりにいる男たちの調査を始める。

皆いい男だとわかった父は安心するが、アニメの朱ちゃんに夢中になっているのを見て「俺の愛娘・・アカン・・・」

四ノ宮は祖母のいるノルウェーに引っ越すことになるがー。

ーーーーーーーーーーーーーー

9巻 あらすじ

四ノ宮がストーカーに狙われる。

花依たちによって助けられ、四ノ宮も以前より明るくなってクラスメイトから評判がよくなる。

花依の誕生日プレゼントがかぶらないよう計画する五十嵐たち。

みんなとの誕生会が終わり、五十嵐がひとり家花依に別なプレゼントを渡す。

そこへ花依と同じ誕生日の中学時代に好きだった先輩が現れる。

ーーーーーーーーーーーーーー

10巻 あらすじ

花依のお気に入りキャラ「朱ちゃん」の声優が花依の幼なじみだった。

そんな朱ちゃん・三星が花依たちの学校に転校してくる。

三星は花依を自分だけのものしようとー。

スポンサーリンク

1巻から10巻までのネタバレ

1巻のネタバレ

・イケメン同士が仲良くするのを見るのが大好きな高校2年生・芹沼花依(せりぬま かえ)。

・同じクラスの五十嵐と七島、花依と同じ保健委員の四ノ宮、3年で史学部の六見とイケメンに縁のある花依を羨ましく思っているBL仲間でもある友達のあまね(あーちゃん)。

・ある日、ツイッターでアニメを実況していると大好きなキャラ・シオンが死んでしまう。

・そのショックから1週間何も食べずに寝込んでしまい、兄から「っおい!デブ!起きろデブ!」と起こされる。

・起きた花依の姿はまるで別人のように痩せてきれいになっていて、驚愕する兄と母。

・きれいになった花依に五十嵐がデートへ誘ったのをきっかけに七島、四ノ宮、六見からもデートに誘われる。

・結局、皆でデートをすることに。  「乙女ゲーか!」(あーちゃん)

・彼氏にはオタバレしていないあーちゃんのアドバイスでボロが出ないように気を付けるも男子ふたりのやりとりに妄想がたえない花依。

・妄想をガマンしつつデートを続けると今度はアニメショップで限定品販売のアナウンス。

・「ごめんなさい、私・・行かなきゃ・・行かなくちゃー。」と店内に向けてダッシュ。

・戦利品を手にオタクをばらし別れを告げようとする花依に「気にしないで」と四人。

・後日、花依の部屋で勉強を皆ですることになり、腐海である部屋を片付ける。

・女子の部屋に期待した七島がベッドの掛け布団をめくるとシオンの等身大が描かれたシーツ、ベッド下ではシオンの等身大パネルと目が合う七島。

・シオンの仏壇には4人揃って手を合わせることに。

・花依の部屋に違う意味で「どきどきした」四人でした。。。

2

2巻のネタバレ

・学園祭でコスプレカフェをすることになり、コスプレプロデュースできることにヨダレが止まらない花依。

・準備を進めていく中、楽しそうにしている仲間を横目に「仲良しごっこをするつもりはない。」と五十嵐。

・そんな五十嵐の提案もあって学園祭ではタイムスケジュールを決めて各自二人だけで過ごすことに。

・けれど「壁ドンッ(七島)」「あーん(六見)「手を握られたり(五十嵐)」「抱きつかれたり(四ノ宮)」のリアルイベントに「リアルなんてクソゲーだ!!」と泣く花依。

・12月に入り、男子たちはクリスマスパーティーを開こうとするが「コミケなのでムリです!」(花依)とキッパリ。

・結局5人で朝5時起きしてコミケに凍えながら並ぶこと2時間半。

・が、入場からさらに1時間の待ち時間、ぐったりする4人に買い物リストを渡す花依。

・五十嵐と七島がペアで買い物をするが、BL本のため、そういう関係に見られたくない五十嵐は「えっと・・今日の新刊?ください。」といかにも頼まれたようにお使い感を出す。

・「いいか、ナナ(七島)。こういうのは動揺したら負けだ。」と言うが、次もその次も横に歩くカニ歩きで買うはめになるため、「よっぽど好きなんだねぇ。」と言われてしまう。

・コミケからの帰り道は行き以上の交通地獄に花依以外の4人は屍(しかばね)になったのでした・・・。

3

3巻ネタバレ

・太ってしまった花依の姿に泡をふいて倒れる七島

・慌てて花依が先生を呼びに行こうとしてぶつかった四ノ宮を壁とともに壊す。

・バレンタイン企画の特別賞で表彰式に行くことになった花依に志麻と四人はダイエット作戦を決行

・オタ芸で運動するも成果がでず、七島が「ごほうびクレクレポイントカード」を作成。

・ノルマをこなせば男子たちが目の前でからんでくれるという言葉に食いつく花依

・見事、花依のダイエットは成功。代わりに男子4人は違う意味でげっそりしてしまったのでした。。。

4

4巻のネタバレ

・五十嵐の花依への急接近に、これまでサッカーでも勝ったことのない七島は球技大会も投げ出そうとする。

・そんな七島に花依は「やってみなきゃわからない」とソフトボールの種目で証明しようとバッターボックスに。

・空振りしたボールはお腹を直撃、花依は血を吐きながらデッドボールで押し出しの1点を入れる・・・。

・「失敗もどう転ぶかわからない」そういう花依に強気な心を取り戻す七島。

・花依のことだけは負けないと思う七島でした。。。

5

5巻ネタバレ

・皆で出かけた宝探しの旅で五十嵐から花依のことをどう思っているのかと聞かれ、それが「特別な感情なのか」意識しだす六見。

・そんなときに六見の兄・一馬が教育実習生として学校にやってくる。

・一馬が花依にちょっかいを出すのをみて「俺の彼女だから」と。

・小さい頃から兄が喜んだ方がうれしいからと一馬に譲ってきた六見。

・そんな六見の様子に花依は「本当に欲しいものなら誰を蹴落としてでもやらなきゃいけないときがあります」

・と自分が限定レア商品はたとえ友達同士でも心を鬼にして奪い合うと話す。

・城カードで決闘した六見と一馬は六見が勝ち、六見は花依に「好きだよ」と告白するがその声は届かずー。

6

6巻 ネタバレ

・全員から告白された花依はひとりを選ぶために、デートをひとりずつしたいと言う。

・みんなを知ることで逆にわからなくなってしまった花依だったが『特別な人』をみつけた。

・それは新しいアニメキャラ朱(あかね)ちゃん

・志麻もそのアニメで話が盛り上がるが、カップルの攻めてと受けての違いからケンカになる。(逆カプ戦争)

・志麻の本が売れなかった頃に花依がセレブ買いをしてくれて魂が震えたとメールをくれた花依に好意を持っていた。

・痩せる前の花依だったため、なかなか見つけることができなかったが、コミケで出会い、その後花依とわかる。

・その頃のことをお互い思い出し、どっちでもOKのリバで!

・ということで逆カプ戦争は終結を迎えたのだった。。。

7

7巻 ネタバレ

・渦に巻き込まれ、転覆したアヒルボート。

・溺れて気を失った七島に五十嵐が人口呼吸をする。写メをとりまくる志麻。

・一方、六見と花依は落武者に襲われるが、花依の「(アニメの設定の)殿はそんな人じゃない!英雄よ!」

・とその言葉に成仏していく。

・花依がみんなと距離を縮めていく中で、七島はひとりあせっていた。

・シオンに似ていることからアドバンテージだった七島はその立ち位置も朱ちゃんの登場により失いつつある。

・バイト中に倒れた七島を家まで送り介抱する花依。

・おかゆを持ってきた花依を押し倒す七島ー。

8

8巻 ネタバレ

・祖母のいるノルウェーに引っ越しすることになった四ノ宮

・小さい頃から友達ができず、花依たちと楽しく過ごせている学校生活を離れるのが嫌だった。

・四ノ宮が家をでて花依のところに行くと、かわいがっていたイグアナを花依に拒絶されてしまう。

・大事なイグアナを拒絶された四ノ宮はノルウェーに行くことを決心。

・四ノ宮の家に皆でお別れを言いに行くとイグアナが部屋からいなくなっていた。

・必死に探して抱いてきた花依をやっぱり大好きだと思う四ノ宮。

・ノルウェーには行かずひとり日本に残ることになる。

9

9巻 ネタバレ

・花依が欲しいプレゼントがかぶらないように調べた志麻たち。

・どれもレアものばかりで手に入れるのが至難の業。

・それぞれ苦労して手にいれたプレゼントを渡し、喜ぶ花依。

・みんなと別れたあと、五十嵐が花依とふたりっきりになりプレゼントを渡す。

・そこへ中学時代に好きだった先輩・琴葉が現れる。

・中学時代に告白したが彼氏がいるからとフラれたが、今はひとりだという。

・花依が5人から告白され、待たせている状況を非難する琴葉。

・琴葉からのアドバイスもあり、ゲームで花依に買った人と付き合うと宣言。

・六見が勝つものの、「待つよ」と言われみんな安心するのでした。。。

・そこへ強敵がー?

————————–

10巻 ネタバレ

・イベントで再会した幼なじみの花依と三星(朱ちゃんの声優)。

・三星は花依を自分だけのものにするため、ライブへ連れていく。

・マネージャーから三星の思惑を聞いた六見たちは花依を助けに行く。

・三星のいない間にホテルから連れ出そうと部屋に入るとそこにはぽっちゃり体型に戻っていた花依が・・。

・花依が連れていかれるのを気づいていた三星は人を使って花依を奪われないように阻止する。

・花依は三星の言う通りに従うが・・・。

(40話終り)
 
 

まとめ

花依が少しずつ男子たちに慣れていく感じが、いつかは誰かを選ぶのかなと気になりますね。

漫画で見るギャグがとても面白いので、ぜひ単行本を読んでみてくださいね。

以上、『私がモテてどうすんだ1巻から10巻までのあらすじとネタバレ!』でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

あなたのこの漫画の一番おもしろいと思うところを下のコメント欄からぜひ教えてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ