小説オーバーロード12巻と13巻の発売日や11巻の感想まとめ

overroad12

「絶対的支配者、降臨」

『このライトノベルがすごい!2017』で単行本・ノベルズ部門で第1位になった『オーバーロード』(作者:丸山くがね)。

ガイコツの姿をした魔王が主人公のダークファンタジー作品。

シリーズ累計300万部、アニメ化もして大ブレイクしました。

小説11巻の特装版にはBDもついてファンを楽しませてくれました。

今回はそういったファンのネット上の感想をまとめてみました。

また最新刊となる12巻はいつ発売になるのか、そして作者のインタビューから13巻の発売日情報もご紹介します。

スポンサーリンク

小説オーバーロード最新刊12巻と13巻の発売日について

まずはこれまでの発売日と作者の小説以外の作品から調べてみます。

小説オーバーロード発売日

1巻 2012年7月30日
2巻 2012年11月30日(4ヶ月)
3巻 2013年3月30日(4ヶ月)
4巻 2013年7月31日(4ヶ月)
5巻 2013年12月28日(5ヶ月)
6巻 2014年1月31日(1ヶ月)
7巻 2014年8月30日(7ヶ月)
8巻 2014年12月26日(4ヶ月)
9巻 2015年6月29日(6ヶ月)
10巻 2016年5月30日(11ヶ月)
11巻 2016年9月30日(4ヶ月)

4ヶ月で次巻がでている場合が多いですが最短で1ヵ月、最長で10巻の11ヶ月ですね。

10巻発売前は、2015年7月から9月までアニメ放送がありました。

アニメ関係の仕事もあり多忙だったのかもしれませんね。

では11巻発売後はどうなのか調べてみました。

2017年にはオーバーロード劇場版が公開されます。

【前編】
「劇場版総集編 オーバーロード 不死者の王」
2017年2月25日(土) 全国ロードショー

【後編】
「劇場版総集編 オーバーロード 漆黒の英雄」
2017年3月11日(土) 全国ロードショー

劇場版の仕事で忙しくなりそうですね。

12巻の発売日

劇場版も公開ということで11巻作者雑感にも「しばらく先になる」とあったように

12巻の発売間隔も開くのかなと思ったところ

『このライトノベルがすごい!2017』(宝島社)の中で作者が12巻の発売日について語っていました。

「何も問題なく進めば12巻が2017年の8月」

ということは11巻発売日より11ヶ月後ですね!

実は13巻の発売日についても触れていました。

13巻の発売日

「13巻が12月を予定しています。エピソードが長くなってしまうと思うので上下巻構成になりそうです。」

と語っていたように13巻まで刊行予定が決まっているようです。

内容も上下巻構想ということで12巻13巻は、5巻6巻の上下巻(王国の漢たち)のような形になるのでしょうか。

「ただ、予定は未定なのでしばらく待っていただければと。」
『このライトノベルがすごい!2017』(宝島社)より

9巻で10巻の内容を予告したドワーフ編は10巻では出てこず

予告した発売時期も遅れてしまったこともあり

作者も「予定は未定」と強調したいところなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

11巻感想まとめ

11巻の感想をネット上からまとめてみました。

ネタバレを含む感想もありますのでご注意ください。

慎重に、敵意を持たれずに安全を確保して行きたい主人公と、自分たちの力を世界に知らしめ、世界を主人公の物にさせようとする配下達のからみが面白くかっこいい。

・12巻の予告のようにこのままアインズ側の都合で話が進むのかな、うーん。。。

・11巻も最高です!ドラゴンも面白かった!

・ボリュームあり伏線ありでこれからも楽しみ!

・シャルティアが汚名返上したね。この先の展開が楽しみです。

・最後気になっるよー!早く12巻読みたい。

相変わらず面白い、次巻への引きが気になるといった満足感いっぱいの感想が目立ちました。

まとめ

作者の予定では12巻の発売日は2017年8月、13巻の発売日は2017年12月のようです。

正式に決まりましたら、また追記したいと思います。

以上、『小説オーバーロード12巻と13巻の発売日や11巻の感想まとめ』でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

下のコメント欄から『オーバーロード』の感想を教えてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ