サーヴァンプ最新刊10巻のネタバレと11巻の発売日について

turugi

2016年8月12日追記:コミックジーン9月号について追記しました。

アニメでも人気が出ている漫画サーヴァンプの10巻が7月27日に発売されました。

9巻では露木修平の憎しみに満ちた顔で終わり、吊戯とはどうなっていくのか

憤怒の下位吸血鬼(サブクラス)が暴れだし、いよいよ憤怒が大きく動き出すのか気になるところです。

(1巻から9巻までのネタバレはこちらから読めます)

今回はそんな10巻の気になるネタバレや感想をご紹介します。

スポンサーリンク

10巻のネタバレ

アニメを見ていて、まだ先を知りたくない方はここからネタバレしていますのでご注意ください。
 
 
塔間は吊戯に「吸血鬼たちと内通している車守を消せ」と命令する。

・操られている吊戯は車守に攻撃をしていく。

・攻撃してくる吊戯に「昔話をしようか。」と車守は語り始める。

(以下、バトルシーンから車守の回想シーンにつながります。)

————————————————–

車守盾一郎の過去 (回想シーン)

・車守と月満弓影が子供の頃。

・弓影は魔術師の血が流れていて普通の人間よりも長く渇きを抑えられると吸血鬼たちに狙われていた。

吸血鬼に弓影が捕まったところを塔間の命令で吊戯が助ける

・それから車守たちと吊戯は共に年を重ねながら少しずつ吊戯の心を開かせながら仲良くなっていった。

・車守は家族のために危ない仕事であるC3を辞めようと思う、と奥さんに相談をする。

・けれど「危なっかしい友達を放って辞められないね」と奥さんは3人が一緒に笑っていることを望んだ

・だが脱獄したたった一人の下位吸血鬼による最悪な事件により奥さんは亡くなってしまう

・その場にいた吊戯は「オレには止められなかった・・」とただ謝るばかり。

・親友のその姿に車守はただキツく、まともに話をしないまま休職した。

・成長した子供を吊戯にも抱かせたいと弓影に吊戯を呼ぶように頼む。

・車守のもとへ来た吊戯に子供を抱かせるが、慣れないため抱くのを怖がりながらも笑う吊戯。

・そんな吊戯と弓影に奥さんも望んでいた3人で笑う姿を諦めないという車守。

(回想シーン終わり)

————————————————–

(吊戯と車守のバトルシーンに戻ります)

・塔間の暗示によって吊戯は車守を倒してしまう。

・脱獄した下位吸血鬼たちのところへ向かう吊戯。

・突然の停電により、吊戯は塔間の指示が聞こえず下位吸血鬼たちによって地下の水の中へと落とされてしまう

・その停電により開いた扉から強欲組によって憤怒の脱出が成功する。

・ロウレスから「一番上の兄さんを助けてくれた奴が・・」という話を聞く憤怒。

・憎んでいた兄・クロとの関係がよくなっていることを察した憤怒はロウレスの望みどおり吊戯を助けに行く。

・吊戯は物心が付く前から両親に暴力を振られていて塔間によって連れ出され育てられていた吊戯は助けに来た憤怒を母親と思い込む。(以下がそのシーンになります)

吊戯:

なんで? なんで もういいよ

生きたくないよ 生まれる前に帰る! かえしてよ・・!!

(抱きしめる憤怒)

だれ・・  あっ
 
 
おかあさん・・
 
 
むかえにきてくれたの?

おかあさん どこにいたの

こわかったよ さびしかったよ

ねえ だきしめて・・

ああ あ・・ ああああああ 

(憤怒に抱きしめられながら泣く吊戯)

 
 

・椿の下位吸血鬼によってC3の建物が崩壊していく。

・イヴのいないサーヴァンプは戦う力は弱く、崩れゆく建物の中で憤怒は足を挟まれ動けなくなる。

・ひとりで逃げるように言う憤怒に「一緒にいる」とうずくまる吊戯。

・二人で助かる方法がある、と憤怒。

憤怒「あなたが私に・・・ 名前をつけてくれるなら」

(10巻終)

スポンサーリンク

11巻発売日について

サーヴァンプは月刊コミックジーンにて連載中ですが

2016年8月号では作者・田中ストライクさんが急病により本来のページ数よりも少ないページ数でした。

やはりアニメ化もあり忙しずぎて体調を崩したのでしょうか。

コミックジーンの告知には快方に向かっていることだったので安心ですが、まだ多忙なのは変わらないでしょうし心配ですね。

そして発売日ですが、これまでの発売日のスパンはどうだったのか見てみます。

1巻発売日  2011年12月27日
2巻発売日  2012年6月27日
3巻発売日  2012年12月27日
4巻発売日  2013年4月27日
5巻発売日  2013年12月27日
6巻発売日  2014年7月26日
7巻発売日  2014年12月27日
8巻発売日  2015年7月27日
9巻発売日  2015年12月26日
10巻発売日 2016年7月27日

5巻発売日からは12月と7月に定期的に発売されています。

通常ですと2016年12月26日か27日の発売となります。

今後、作者の病状次第によっては遅れる可能性もありますね。

その場合は12月発売の6巻8巻は6話分収話されていますから、2月か3月に発売日がずれる可能性がでてきます

8月号に掲載されるはずだった内容が9月号に掲載され、ずれていくのか

9月号の掲載分と合わせて掲載されるのか

または11巻の話数が少なくなるか、また新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います。

8月12日追記:

2016年8月12日発売のコミックジーン9月号では前月号の続きから10巻の終わりまでが掲載されていました。

椿の番外編も合わせて掲載されていました。こちらも11巻に掲載されるのではないかと思います。

 
 

10巻の感想

ツイッターでは早速10巻の感想がツイートされていました。

ツイートにもありましたが、10巻では作者の急病でコミックジーンで掲載されなかった部分が載っています

ネタバレにも書いた憤怒と吊戯の二人のシーンですね。

憤怒の主人が誰になるのか気になっていましたが、吊戯がからんでくるとは!

これから面白くなっていきそうですね!

そして、サーヴァンプと主人が契約をするのにサーヴァンプは名前をつけてもらい、主人から何かをもらいますが、吊戯は憤怒に何をあげるんでしょうか?

吊戯や憤怒のシーンの描写はぜひ10巻を読んで堪能して、11巻に備えてくださいね。
 
 

まとめ

10巻ではコミックジーンでは掲載されるはずだった話が載っていましたから、ファンにとっては嬉しい10巻の内容でしたね。

吊戯は憤怒の主人になるのか?早くも11巻が待ち遠しいですが、作者の田中さんには体調が早く回復されることを祈っています。

以上、「漫画サーヴァンプ最新刊10巻のネタバレや感想」でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

2 Responses to “サーヴァンプ最新刊10巻のネタバレと11巻の発売日について”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ