漫画サーヴァンプ1巻から9巻のネタバレと感想や評価まとめ

a
『SERVAMP-サーヴァンプ-』(作者:田中ストライク)は、人間が主人(イヴ)となり吸血鬼の真祖と主従契約をする
バトルファンタジーの作品です。

『SERVAMP-サーヴァンプ-』はバトル系の漫画ではありますが

バトルシーンはさほど多くなく、登場人物の奥底にある感情を引っ張る出してくるようなセリフや

場面はきれいな絵とともに、すんなりと読みやすかったりします。

『月刊コミックジーン』で、2011年7月号より連載中。

『SERVAMP-サーヴァンプ-』単行本は、9巻まで発売されています。(2016年6月現在)

ファン待望のアニメ化で2016年7月からTVアニメが放送開始となっています。

今回は『SERVAMP-サーヴァンプ-』1巻から9巻までのあらすじとネタバレ、感想や評価などもご紹介します。

10巻のネタバレはこちらから読めます。

スポンサーリンク

『SERVAMP-サーヴァンプ-』9巻までのあらすじ

ネタバレ含みますのでご注意ください

主人公・城田真昼(15歳)はある日、黒猫を拾い、「クロ」と名付けた。

しかし、その「クロ」の正体は「真祖」(サーヴァンプ)と呼ばれる吸血鬼だった。

契約を結びクロの主人(イヴ)となった真昼。

真祖(サーヴァンプ)は怠惰、傲慢、嫉妬、憤怒、強欲、暴食、色欲の全部で7人兄弟。

だが、7人兄弟の誰も知らない8番目の「憂鬱」の真祖・椿と名乗る吸血鬼が真昼たちの前に現れる。

「『吸血鬼VS吸血鬼』で世界を面白くしようよ。」と椿は7人兄弟に宣戦布告をする。

7人の真祖を倒すカウントダウンを始めた椿。

『色欲』のリリィを襲撃し、その力の大半を奪ってしまう。

そして、『強欲』の真祖・「ロウレス」と主人のリヒトが連れ去られてしまう。

真昼が奪還に向かおうとするも突然、クロの体に異変が起きる。

真昼はクロの体を戻そうと『嫉妬』の主人・御国の店を訪れる。

そこで真昼はクロの内部にいる『怠惰』と対話する

過去に囚われていたクロを見つけ出した真昼は、本当の意味でクロと向き合うことを決意する。

真昼と絆が深まったクロは本当の姿である『黒い獅子』に覚醒する。

クロは椿との対話を求めるが、人間と吸血鬼の中立機関であるC3が介入し

椿がC3の吊戯たちに捕まりそうになったところをクロが助け、椿は逃げてしまう。

C3の東京支部内に連れていかれた真昼は椿の下位吸血鬼たちを抹消する計画を聞き

そこにいた御国に「椿たちを助けたいのなら吊戯を消してしまおう」と提案される。

だが吊戯は魔法を発動、御国も応戦しトドめを差そうするがクロに止められる。

吊戯は真昼にC3の介入で「ただの兄弟喧嘩じゃすまなくなった」ことを告げられ

椿が起こした戦争の動機と目的はC3にあることを聞かされる。

真昼はC3内で身動きがとれなくなることを避けるためにC3の戦闘班に入れてもらう。

武器の実験中に警報機が鳴り響き、その音に吊戯は正気を失う。

倒れた吊戯のもとに東京支部・副支部長の『塔間泰士』が現れる

吊戯は魔術の使い過ぎで精神がおかしくなっていた。

塔間が吊戯に負担がかかる命令をしているのを察していた

吊戯の仲間・車守と月満は塔間に「吊戯はお前の出世の道具じゃねえ!」と反抗する。

車守は真昼に吊戯を助けてほしいとサーヴァンプたちと協力することにする。

椿によってジンを抜かれたリリィたちが日増しに弱まっていくのを助けるため車守は研究者を呼ぶ。

一方、C3によって囚われていた『憤怒』の下位吸血鬼たちが脱走を図り、『憤怒』の解放を要求する。(9巻終)

 
 

『SERVAMP-サーヴァンプ-』1巻から9巻までのネタバレ

各巻それぞれの主な内容

1巻:『怠惰組』の結成と椿の宣戦布告

2巻:桜哉の過去と現れた『嫉妬組』

3巻:『傲慢組』の登場と中立機関『C3』の企み

4巻:有栖院家の先祖から契約していた『色欲』と『嫉妬』

5巻:椿のサブクラスに狙われた『強欲組』

6巻:『クロの内部』と『人質交換』

7巻:ロウレスの過去と黒い獅子

8巻:消えた椿と『吊戯と御国の対立』

9巻:『戦闘班』と露木修平の父

【SERVAMP-サーヴァンプ-1巻ネタバレ】真昼と椿

真昼たちの前に現れた椿。

「僕は8番目の真祖『憂鬱』のサーヴァンプ。通り名は『招かれざる8番目』」

「ねえ・・僕はとっても憂鬱なんだ・・君にぼくの気持ちはわからないし

どうせ誰も僕を知らないどうせ世界でだれも僕を理解しない・・」

椿の言葉に過去がフラッシュバックする真昼。

母の遺影の前に座る真昼。

真昼を引き取った叔父が泣いている真昼を抱きしめる。

皆、優しいのに、なんにもしたくないという真昼に叔父がいう。

「真昼・・今のお前はどんな気持ちだ。お前がその気持ちをわかっていないと、誰か何を言ってくれてもお前に届かない。

名前をつけてみろ。

それは感情と向き合うひとつの手段なんだ。

そうすれば、これから先・・お前のところにやってくるいろんな感情との向き合い方もきっとわかる。

まずお前が向き合えなかったら、きっと誰も向き合えない」

叔父の言葉を思い出した真昼は椿に「名前を付けてやるっ」と

椿の主人になるから向き合ってみろと掴みかかるが椿に攻撃される。

が、寸前のところで色欲のリリィに助けられた。

真昼たちが消えたあと、寂しげな表情でつぶやく椿。

・・僕の名前は『椿』だ。・・・ねぇ 『先生』
 
 
 
【SERVAMP-サーヴァンプ-2巻ネタバレ】桜哉

真昼の幼馴染の桜哉が椿の下位吸血鬼(サブクラス)だったことを知った真昼。

椿に桜哉の過去の話を聞かされる。

———————————————–

彼は嘘つきの町で生まれた。嘘つきの子供。

まず彼に嘘をついたのは彼の姉だった。

父親が帰ってきたら部屋から出てきてはいけないという姉。

物音を立てないよう、こっそり両親と姉の様子を伺う桜哉。

姉「・・・桜哉には何もしないで。」

父親「・・ああ、約束するよ。」

ベランダから飛び降りる姉。

部屋から飛び出した桜哉に父親は桜哉に警察に嘘をいうように強要した。

姉がしたことを無駄にしたくないだろう、と。

彼は嘘をつき、マンションの住民も関わりたくなくて嘘をついた。

桜哉の家には多額の保険金が手に入った。

———————————————–

椿「・・・そして6年後、彼に用意されたのは姉とまったく同じ道
 
 
真昼は桜哉を信じてあげられなかったことを後悔し桜哉を探して話す。

だが、桜哉は姉のことで嘘を言った自分が許せずに泣いていたときに

椿が現れたことで救われ、約束通りに迎えに来てくれた椿を裏切ることはできないという。

真昼から姿を消した桜哉は出会った頃の真昼を思い出していた。

暇つぶしに中学に潜り込み、ひとりで過ごしていた桜哉を誘ってくれた真昼。

その声と差し出された手に、こいつと友達になりたい、と思った。

真昼 見つけてくれてありがとう。 手を伸べてくれてありがとう。」泣く桜哉。
 
 
 
【SERVAMP-サーヴァンプ-3巻ネタバレ】C3

中立機関であるC3の露木に椿を止めるために協力をしようと提案を持ちかけられる。

「我々C3の理念のひとつは・・『共存』

吸血鬼と人間の平穏な共存のため・・『8番目』の存在は危険なんです。」

『傲慢』の真祖・ヒューの言葉を思い出す真昼。

ー『8番目』の件にC3を関わらせるべきではない!奴らはとにかく利己主義で傲慢な組織じゃ!!ー

露木「・・・我々には『8番目』捕縛の責任があるんです。もともと『8番目』はC3が所持していたサーヴァンプですから」

椿とその下位吸血鬼を全て壊すと言われた真昼は協力を拒む。

露木は18時間以内に52の扉からクロを見つけ出せれば帰っていいという。

クロと離れている時間が長いほど真昼の体力はなくなっていく。

真昼は御国の言葉を思い出す。
 
 
御国 ー社会は君に都合よく限られたたくさんの情報を提示するー
 
 
露木「・・・そろそろわかってもらえましたか。今すべき正しい選択は我々に従うことなんだと」

ー用意された扉の先の 用意された答えでいいのか?

 答えはいつも大人(誰か)が用意した選択肢の外側だー
 
 
 

【SERVAMP-サーヴァンプ-4巻ネタバレ】御園

椿の下位吸血鬼によって『色欲』のリリィが攻撃されたことで主人・御園にかかっていたリリィの幻術がとける。

過去にあった兄・御国(『嫉妬』の主人)との出来事を思い出し、兄の部屋であった場所へ行き、日記を見つける。
 
 
御園は父親と使用人との間で生まれた子供だった。

それを知った御国の母親は『嫉妬』の真祖と契約をして、御園の母親である使用人の女性を殺めてしまう。

そして御国の家に引き取られた御園。

だが、すでに御国の母親の精神は壊れてしまっていて、御園をも手にかけようとしてしまう。

御国と母親の間で何かが起き、母親は亡くなり、御国は『嫉妬』を連れて家を出ていく
 
 
ー僕のせいでこの家がめちゃくちゃになった 僕さえ生まれてこなかったら・・・ー
 
 
色欲で生まれてきた自分を責める御園は御園の母親からの手紙の束を見つける。

そこには御園を想う気持ち、御国の母や御国を大切にしてほしいということが書かれていた。
 
 
ー色欲とは何だ?罪とは何だ?愛とは何だ?僕とは何だ?答えを探しに行かないとー
 
 
 
【SERVAMP-サーヴァンプ-5巻ネタバレ】ロウレス

『強欲』のロウレスはクロに敵意を持っていた。

何も知らない真昼にロウレスは昔のある出来事を教える。
 
 
ロウレス 「 むかしむかし・・・あるところに7人の吸血鬼兄弟がおりました。

そこへ届いた一通の手紙!

中立機関C3からの命令のお手紙でした。

吸血鬼たちは多数決をとります。

『強欲』『暴食』『憤怒』は反対しました。

『傲慢』『嫉妬』『色欲』は賛成しました。

こうして最後の一人、長男の怠惰が出した結論は? 」
 
クロは怒りで暴れだしロウレスと喧嘩になる。
 
 
 

【SERVAMP-サーヴァンプ-6巻ネタバレ】クロ

真昼はクロの中に入りロウレスの言っていた多数決の場面を見る。

C3からの命令がサーヴァンプを作った人を消すことだった。

迷いながらも一人で手を下したクロ。

ロウレスだけは許さなかった。

閉じこもるクロにのもとへ辿り着く真昼。

クロ 「だれか・・言ってくれ。おまえは間違っていなかったって」

真昼 「間違ってたんだよ。自分のした選択を間違ってたって認めるのは・・勇気がいるよ。
   
   今まで自分が積み重ねたものを否定することだから。 向き合おう 一人じゃないんだ。できることはある。」

手を差し出す真昼。「めんどくせー奴・・」と応えるクロ。
 
 
 
【SERVAMP-サーヴァンプ-7巻ネタバレ】ロウレスの過去

王女・オフィーリアを主人にしていたロウレス。

隣国との戦争を避けるため人質のように結婚することになった王女。

逃げようというロウレスに、欲しいのは「国の平和だ」と答えるオフィーリア。

だが、戦争は始まり見せしめにオフィーリアは処刑されてしまう。

王女に恋していたロウレス。
 
 
ーそう 本当は望めば何にだってなれたのに   オレは『何』だ?

君の手を離したくなかったオレだ  君のことを守りたかったオレだ

君の守りたかったものを守りたかったオレだ

君に好きだと 言いたかったオレだ

どうして 何にもなろうとできなかったんだ ー
 
 
愛した人が守ろうとした平和も壊れてしまったことと、世界の平和のためとクロがしたことを重ねていたロウレス。
 
 
ー兄さんに訊きたい あのときの行動をどう思っているのかと

 兄さんに言いたい オレは今でも後悔していると ー
 
 
 
【SERVAMP-サーヴァンプ-8巻ネタバレ】僕という方法

ロウレスのジンが部屋に充満し椿と対峙するクロ。

「・・・交えるべきは武器じゃない。言葉だ。オレのしたこととお前のしたことについて話をする必要があるんだよ。

もう・・後悔したくねーんだ。」

クロの言葉に武器を離す椿。

椿「・・・どうして先生は
僕が存在してるってことを君に伝えてくれなかったのだろう・・・

椿が何かを言いかけたところでC3が現れ、椿の身動きが取れなくなる。

椿が抹消されかけたところをクロが救い、下位吸血鬼により助けられ椿はその場から逃げた。
 
 
 
【SERVAMP-サーヴァンプ-9巻ネタバレ】露木修平

開発班の露木は戦闘班を希望していた。

だが、吊戯に「オレの班にはいらないな~。」とバカにされる。

露木は父親が亡くなったときに同じ班だった吊戯だけが生き残ったことを問いただすが

生き残れなかったのは「弱いからでしょ。」と言われ憎悪を抱く。
 
 
一方、C3で牢に入れられていた『憤怒』の下位吸血鬼が脱走を図る。

対象すべて抹消許可。全所員戦闘許可が下りる。

怒りに震える露木の顔。【9巻終】

スポンサーリンク


 
 
 

サーヴァンプ1巻から9巻までの感想と評価

ネット上にはサーヴァンプは感動するセリフも多く「絵がきれい」「ボケとツッコミが面白い」といった声もありますが
コミック本の各巻の評価はどうなのか調べてみました。

また推しキャラや表紙買いしたという感想もありましたので、それぞれの表紙のキャラクターも表記しました。

『SERVAMP-サーヴァンプ-』Amazonでの評価5点満点 ( )内は表紙のキャラクター

1巻(クロ)  4.8
2巻(椿)   5.0
3巻(リリィ) 4.7
4巻(桜哉)  4.8
5巻(ロウレス)5.0
6巻(リヒト) 5.0
7巻(鉄)   5.0
8巻(御国)  3.7
9巻(御園)  3.5

7巻までは4.7以上と高評価でしたが、8巻、9巻の評価の低さはC3の話がメインのせいか
メインキャラのファンには少し物足りなさがあったようです。

ただ、椿や御国が過去にC3にいたことで、椿の目的や御国と吊戯の関係などが、明らかになっていくのか楽しみですね。

『SERVAMP-サーヴァンプ-』8巻の感想

新キャラが新たに加わりました。今後はC3中心の話が続きそうです。
ちょっと似たキャラが出て来ましたが、割りと好きな子だったので良かった。
そして、久しぶりに御国さんが出てきたのが嬉しかったです(*^^*)(アマゾンレビューより)

『SERVAMP-サーヴァンプ-』9巻の感想

メインキャラの活躍もこれといってなく、メインキャラの
活躍目当ての方は退屈になるのではないでしょうか?(アマゾンレビューより)

サーヴァンプは登場人物たちが自分と向き合うシーンの中でもがく苦しさや悲しさ、切なさが
伝わってくることで涙が止まらない人も続出です。 

中でも桜哉とロウレスの話は私もウルウルしながらネタバレを書いてました。。。

そして10巻への期待も!

『SERVAMP-サーヴァンプ-』10巻では真昼VS吊戯となっていて、どんな戦いになるんでしょうか。

尚、10巻の発売日は2016年7月27日です。

『SERVAMP-サーヴァンプ-』公式ファンブック10.5巻の発売日も同じになっています。

まとめ

サーヴァンプの1巻から9巻までのネタバレはどうだったでしょうか?

ジンを抜かれたリリィたちはどうなるのか、『憤怒』は下位吸血鬼たちと脱獄するのか、

吊戯VS真昼と10巻はどんな展開になるのでしょうか。
 
 

サーヴァンプのキャラクターは個性が強くて、クロを始め皆んな人気ですが

あなたの推しキャラは誰ですか?

10巻では推しキャラが活躍するのかも気になりますね。

そして10巻の表紙は誰になるのでしょうか。

また10巻のネタバレで書いていこうと思います。

以上、【漫画サーヴァンプ1巻から9巻のネタバレと感想や評価まとめ】でした。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

スポンサーリンク

2 Responses to “漫画サーヴァンプ1巻から9巻のネタバレと感想や評価まとめ”

  1. […] 4巻のネタバレはこちらで読めます。     そして2つめはC3の登場の仕方。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ