アニメ好きなら知っておくべき秘密

進撃の巨人のアニメ続編3期の放送日や王政編のネタバレの考察

数々の謎と衝撃的な映像によって絶大な人気を誇る『進撃の巨人』(作者:諌山創)

その人気ぶりは絶大なもので2017年4月からアニメ2期の放送終了後に

間を置かずすぐに3期の制作発表がされました。

そこで、今回は進撃の巨人、3期の放送時期や内容について

原作やアニメ制作会社の動向などを参考に考察していきます。

スポンサーリンク

進撃の巨人3期の放送日について

進撃の巨人3期の決定とともに2018年スタートということが発表されました。

ではいつ頃の放送日になるのか制作会社の動向からみていきます。

制作会社の動向

制作会社は『WIT STUDIO』。

『甲鉄城のカバネリ』(参考: 甲鉄城のカバネリの続編2期と映画情報!アニメの謎や伏線も紹介)

『鬼灯の冷徹』(参考:アニメ鬼灯の冷徹の続編2期について!放送日はいつ頃か予想

他にも『魔法使いの嫁』(2017年10月から2クール放送)などを制作しています。

『鬼灯の冷徹』の続編2期が2017年秋アニメで放送が決まっており

『甲鉄城のカバネリ』の2期も2018年に放送というのが決まっています。

今後の『WIT STUDIO』制作作品

『鬼灯の冷徹』2017年秋(10月から)

『魔法使いの嫁』2017年秋(10月から2クール放送)

『甲鉄城のカバネリ』2018年

映画『曇天に笑う〈外伝〉』前編 2017年12月2日公開

後編 2018年(?)

『進撃の巨人』3期 2018年 ?

『甲鉄城のカバネリ』はノイタミナ枠で2018年冬アニメ『恋は雨上がりのように』まで

決まっているので2018年春(4月)以降になります。

また『鬼灯の冷徹』『魔法使いの嫁』と同じ2017年秋アニメとなるので

『進撃の巨人』3期が『甲鉄城のカバネリ』と同じ時期に放送となる可能性もありますね。

また映画『曇天に笑う〈外伝〉』の前編が2017年12月2日公開。

後編がいつなのかまだ発表されていませんが

『進撃の巨人』の映画化のときは約7ヶ月空いていました。

進撃の巨人 劇場版
前編:2014年11月22日
後編:2015年6月27日

それを当てはめると『曇天に笑う〈外伝〉』の後編2018年7月頃になるので

その前となる2018年春(4月)に進撃の巨人3期が放送となるのではないかと予想します。

2018年冬(1月)だと『魔法使いの嫁』が2クール目の放送なので

時期的にやはり2018年4月放送開始になるのではないでしょうか。

また正式な発表がありましたら追記していきます。

スポンサーリンク

進撃の巨人3期の内容を考察

『進撃の巨人』3期はどんな内容になるのか

2期の原作の内容からみていきます。

またこれから先はネタバレを含みますので

ネタバレを見たくない場合にはこれより進まないようにご注意ください。
 
 
 

2期の終わり方から3期への伏線

進撃の巨人、2期では原作を前倒し、本来、89話で語られる

ユミルの過去が明らかになりました。

しかし、それ以降は本編と大きくズレる事もなく

エレン、ミカサがエレンの母、カルラを食べた因縁の相手

カルライーターとの再会。

カルライーターを殴った後、座標の力を開放し鎧の巨人たちを追い払いました。

(参考:【進撃の巨人】座標の力と意味やエレンの発動を考察してみた

さらに、クリスタがコニーに自らヒストリアという名を名乗り

ヒストリアを守るユミルは鎧の巨人、ライナーとベルトルトと共に

エレン達のもとを去ります。

そして、コニーの村の住民たちが巨人にされた真実が明らかになり

全ての巨人は、元々人間であるという真実が明らかになりました。

3期ではこの3つの項目に対し何らかの答えを出しながら

新たな伏線を引くと予想します。

そして、あえてユミルの過去を前倒しにした意味を強調する為に

ライナー達の行方や、ヒストリアの王族復帰などを中心に描かれると考察します。
 
 

アニメの続き王政編をネタバレ

※3期の内容予想の為、原作ネタバレを多数含みます。
 
 
3期の内容は原作13巻から17巻までの王政編になると思われます。

調査兵団の主力を失った穴埋めとして104期はリヴァイ班に入り

エレンとヒストリアを守る任務につきます。

ヒストリアは自身が貴族、レイス卿の隠し子だと告白、後に憲兵を拷問することで

レイス家が真の王族だと判明。

ヒストリアを王位につけ、革命を決意。

最高指導者ロッド・レイスをとらえようとするが、逆にエレンとヒストリアが捕まります。

さらに、エルヴィン団長は無実の罪で処刑されそうになり

リヴァイは育ての親、ケニーと戦うことになります。

絶体絶命のところ、エルヴィンは王政派をおさえこむ事に成功。

エレンは捕まった後、ロッドとヒステリアに触れた事で

エレンは過去に父を捕食し、能力を継承していた事

父がヒストリアの姉、フリーダを捕食し、力を得た事を知ります。

(参考:進撃の巨人の9つの巨人の能力と継承者の並びをまとめてみた

また、エレンが能力を使えば人類の記憶を都合よく改ざんできる為

力を求めるものにエレンは食われる可能性が高いことが判明します。

ロッド・レイスはエレンを捕食する為、巨人化の薬を使い巨人になりますが

エレンも鎧の巨人の薬をつかい、硬質化の能力を手に入れ、巨人になり

ロッド・レイスを倒し、ロッド・レイスはヒステリアに止めをさされ、死亡します。

一方、ケニーは自分が巨人の王になれない事を知り

リヴァイに巨人化の薬を託し死亡します。

この事件によりヒストリアは正式に女王に。

その後、鎧の巨人、ライナーを打ちたおした獣の巨人が

座標の力を持つエレンをシガンシナ区で到着を待ちます。
 
 
ーーーネタバレここまでーーーー
 
進撃の最新刊を無料で読むことができます

U-NEXTの無料トライアルで今なら600円分のポイントがもらえるので

それを電子書籍のコミック購入に使うことができます。

使ったあとも期間中に解約でき動画も見れるので、この機会に利用してみるといいですね。

600円分のポイントをもらう。

 

まとめ

進撃の巨人3期は2期の最終回後すぐに2018年にスタートという発表がありました。

そのことからも早くから制作が決定していたと思われ

他の作品との兼ね合いからも2018年春(4月)頃に

放送開始となるのではないかと予想します。

巨人についていろいろと事実がわかってくる3期の王政編が楽しみですね。

以上、『進撃の巨人のアニメ続編3期の放送日や王政編のネタバレの考察』でした。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ