アニメ好きなら知っておくべき秘密

Toloveるダークネスの18巻最終回と番外編のネタバレ

漫画『To Loveるダークネス』が2017年4月号のジャンプスクエアで最終回を迎えました。

最終巻となる18巻は2017年4月4日に発売されました。

今回はその漫画『To Loveるダークネス』の最終回結末と

その後、掲載された番外編のネタバレについても紹介します。

またダークネスに次ぐ続編はあるのかも調べてみました。

スポンサーリンク

Toloveるダークネスの18巻最終回ネタバレ

これよりネタバレになりますのでご注意ください。
 
 
 
「ずっと前から・・・中学の頃から・・

 ・・・・結城くんが好きでした。」

春菜に告白されたリト。

ー じゃあ オレたち 恋人同士に ・・・ー 

(ララの顔が浮かぶふたり)

今はまだこれ以上進めないと話すリト。

「待ってるよ 結城くんが出した答えなら

私は信じてついていくから」(春菜)

それを聞いていたネメシス「さてと・・・」

校内放送で楽園計画を保留にしたことを皆んなに伝えるネメシス。

春菜の告白を聞いていたモモはぼーっと泣きながら歩く。

春菜と通じ合っているところ見るのが「これほど心に刺さるなんて・・・」

リトの一番になりたかったんだと気付くモモ。

春菜はリトに告白したことをララに言う。

ララは二人を祝福して「交互にデートすれば問題ないよね」というが

ハーレムがあり得ない以上、ララの気持ちには応えられないと思うリトは涙を流す。

「何で・・・泣いてるの?リト」(ララ)

ララに伝えようとするも足元が崩れてララに抱きつく結果・・・。

 
続きを600円分のポイントをもらって無料で読む
 
 
学校の帰り道、モモはリトに告白。

「私・・・ リトさんのこと・・・愛してます

 心の底から 」

春菜と付き合う段階になっていない以上諦めるのははやいかな、と

リトは困るが「それが狙いですから♪」と

心を晴れやかになったモモ。
 
 
リトの部屋にモモとネメシスがくる。

「本当のお前(モモ)の目の前で・・・

リトの心を虜にしお前の心を屈服させる

それが私の夢!!」(ネメシス)

「・・・そう思い通りにはさせませんよ?」(モモ)

「ではどちらがリトをより満足させられるか

久しぶりにやってみるか!!」(ネメシス)

「望むところです!!」(モモ)

「わわっ や・・やめっ」(リト)

 
 
ー そんなワケでお母様

まだまだ私達の ToLOVEるな日々は

続きそうです ー

(おわり)

Toloveるダークネスの最終巻を600円分のポイントをもらって無料で読む

番外編のネタバレ

・コピーできるメカ『にゃんにゃんコピー』を作ったララ

・『にゃんにゃんコピー』の放つ電気を浴びるとコピーされる

・ララに抱きついたリトに驚いてリトはその電気を浴びてしまう

にゃんにゃんコピーくんによって6つ子になったリト

・いなくなった『にゃんにゃんコピーくん』を探すリトたち

・くしゃみによってリトが増殖し暴走が止まらない

「分裂したリトさん同士でかけあわさって

 より不規則で回避不能なものになっている!!」(モモ)

「へっくしょん」増え続けるリト

・更衣室でひとりの女子に何人ものリトが抱きつく

・大勢になったリトを気絶させるしかないとヤミたちが立ち向かう

「あ これ・・・」

「ムリだね・・・」「ですね」
 
 
・セリーヌが『にゃんにゃんコピーくん』を見つけ増殖は収まりよかったと安心

「いや・・まぁ・・それは確かに よかったんだけどさ

 リトはいつまで このままなワケ?」(美柑)

「あ~ コピーの効果がきれるまで

 しばらくこのままかな 」(ララ)

家の中には入りきれないくらいのリトが天文学的に増えていた・・・。

(終わり)

スポンサーリンク

Toloveるダークネス続編について

18巻のあとがきで作者の矢吹健太朗さんがToloveるダークネスが終了するにあたった経緯が書いてありました。

・当初から構想していたモモとヤミが主役の『ダークネス』として描ききれたこと

・お色気インフレに作者も読者も慣れてしまったのでクールダウンしたほうがいいんじゃないかと思ったこと

・10周年を完走したここで終わらせるのがベストと考えたこと

そういったことから連載終了となったようです。

そして次回作については

終わらせてしまった以上、次回作はひとまず「To loveる」以外の作品になると思う
作者あとがきより

としながら

・美柑を主役とした「魔法少女もの」みたいな構想もこっそり考えている

とありました。

描かせてくれる場所とタイミングがあれば、ということだったので

掲載誌を替えて近いうちに読めるかもしれませんね!

楽しみに待ちたいところです。
 
 

まとめ

リトと春菜は告白することでお互いが両思いであることがわかりましたが

付き合うところまでは行かず、ハーレム計画ならずでまだまだ楽しませてくれる終わり方でした。

本当に続編が魔法少女ものでできるのを楽しみ待ちたいですね。

以上、『Toloveるダークネスの18巻最終回と番外編のネタバレ』でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ