アニメ好きなら知っておくべき秘密

山田くんと7人の魔女の最終巻28巻の結末の内容をネタバレ

2012年から5年間に渡り少年マガジンで連載されアニメ化もした『山田くんと7人の魔女』(作者:吉河美希)。

週刊少年マガジン2017年12号で最終回を迎えました。

山田くんと白石うららの結末はどうなったのか。

『山田くんと7人の魔女』最終巻28巻の結末のネタバレを紹介します。

スポンサーリンク

山田くんと7人の魔女の最終巻28巻のネタバレ

あらすじ

朱雀高校一の問題児・山田は今日も先生に怒られて超不機嫌。

そのうえ、優等生の白石うららと一緒に階段から落っこちて、死んだ! と思ったら白石と体が入れ替わっていた!!

相性サイアクな2人が、学校中を駆け回る!! すべてはキスからはじまった!!

殿大合格を目指し、順調に成績を伸ばす山田!

すべてが順調に進んでいるように見えた矢先、学園中の生徒から、白石うららの記憶が忽然と消えた。

姿を消した彼女だけが背負う、過酷な宿命とは‥‥?

そして、山田竜と白石うらら、2人の恋の結末は──‥。

山田くんと7人の魔女の結末をネタバレ

「白石って・・誰・・?」(玉木)

・山田が聞いて回るも学校中のみんながうららのことを忘れていた

・何かおかしいと思った玉木が名簿で調べるとうららが海外に転校したことを知る

・山田はうららの家に行くが引っ越したあとで誰もいない

・託摩が何かをしたと察した山田「おまえだな・・白石に何をした・・?」

・詫摩はうららから頼まれて記憶を消したことを話す

・落ち込む山田に転校の手続きのためにうららは卒業式の日に学校に現れるだろうという
 
 
・翌日、五十嵐たちがみんなほぼ同時に「魔女の能力が消えた」と話す

・それを聞いた山田が再び詫摩のもとへ

・詫摩も能力が消えていた

・なぜそんなことが起きたのか

 「魔女の能力を生み出したのが 白石だからだ・・・!!」知っていた山田

・能力が消えたのはうららが学校からいなくなってしまったから、だった

・『卒業と同時に周りから自分との思い出を忘れられてしまう代わりに望みのままの学校生活を手にできる』

 そう契約した「はじまりの魔女」うらら

・だが山田だけはうららの記憶が残っているのはなぜなのか

 「彼女は代償に自らの記憶を差し出した 

 卒業式の日に会う彼女は

 もはや何も覚えていない」(詫摩)

・それを聞いた山田は気づいた

『俺に見つけてほしい』そういうことだったのか(山田)
 
 
・卒業式にどうやって白石を迎えるか、を考える山田たち

・忘れてしまったうららと対等な立場でいるために殿大に行くしかないと詫摩に勉強を教えてもらうことに
 
 
殿大試験前日

・うららから配達指定で送られてきた郵便物『山田くん日記』

・同封された手紙にはうららが小さい頃からの話が書かれていた

===手紙の内容===

・小さい頃から勉強をするしか誰にも認めてもらえない世界にいた

・仕事で忙しい両親、ひとりで作って食べる食事

・そして入試試験1位で高校に入学

・そんなある日、生徒会長に呼び出される

 「この学校には古くから『魔女』と呼ばれる特別な力をもつ生徒がいる」と聞かされる

・それが白石うららであり契約すれば願いがひとつ叶うという

・興味がなかったうららは断った

・ある日、屋上で山田が「友達ができない」と独り言を言っているのを聞いたうらら

・うららに気づいた山田はみんな一人でもできる勉強ばっかりしているとこぼす

 「仲間なら学校じゃなくても作れるでしょ?」(うらら)

 「もう いいわ どうせわかんねーだろうし

  オマエみてーな つまんなそうな奴にはさ・・・!!」(山田)

・我に返った山田がうららに謝るが「別に」と言われる

・翌日、朝から山田を影からみているうららに声を掛けた

・価値観の違いがあるから仲良くなれないっていうか・・と話す山田

 「私ッ つまらなくなんかないッ!!!」(うらら)

・今まで言われなかったことに頭にきていたうらら

・認めたくなかった、どうしてそんな気持ちになったのかと自分の胸元をつかみ赤くなる
 
 
・生徒会長のところへ行き魔女の契約をするうらら

・願いは「山田くんと一緒にいたい」

 山田くんは私の世界を変えてくれた

 学校が楽しいところだと教えてくれた

 友達がいることの心強さを教えてくれた

 誰かを好きになることが 幸せなことだって教えてくれた

 でも それは全て3年間という期限付きの魔法にすぎない

 魔法が切れた私は元の世界に戻らなければならなかった

 突然いなくなったりしてごめんなさい

 勝手なことをしてごめんなさい

 でも もし・・

 こんな私を許してくれて もう一度出会ってくれるのなら

 卒業式の日に待っています

===手紙の内容ここまで===

・手紙を読みながら、「必ず迎えに行く」と涙をこぼす山田
 
 
・殿大に合格し卒業式を迎えた

・校門から歩いてくるうららを迎える山田

・名前を呼びかけようとするがうららは素通り

・その後うららに手紙とともにもらっていた接し方のノート通りに知的な会話をするが反応なし

・その後も話しかけるが「うるさい」と言われてしまう

・耐えかねてうららの言うとおりにしているのに、と言ってしまう

 「なのに ずっと つまんなさそうな顔しやがって・・・!!」
 
「私ッ つまらなくなんかないッ!!!」(うらら)

・最初のときと同じ言葉と表情にうららに言う山田

 「おかえり 白石・・・!!」
 
 
エピローグ(あれから10年)

・宇宙事業の国家プロジェクトの仕事をしている山田

・会社帰りに外交官になっていた宮村と合流

・玉木、潮(うしお)、椿、と山田の家で飲み会をする

・半年後にブラジル転勤が決まった話をする山田

・白石とのことをどうするのか聞かれ

 「俺より3倍稼いでいる白石にッ

 仕事辞めてついてこいなんて 言えるかぁ!!?」(山田)

・宮村にプロポーズ決行大作戦をすると山田のプロポーズをみんなで相談する

・宮村を相手にうららのつもりで練習する山田

 「山田くーん 話って何かしらー」(宮村)

・結婚指輪を差し出し「俺と結婚してください!!」

・その場にうららが現れ立ち尽くす
 
 
・ねねと潮は結婚して2人の娘、悠理と姫川の間には男の子が、黒崎はイケメンカレー屋の店長

・雅は朱雀高校の先生に、さるしーはモデル兼アパレルデザイナー、大塚は漫画家

・ナンシーは『せいぶつつがかり』でテレビでも活躍

・レオナは考古学者

・ねねとリカが卒業式のあとの山田とうららを思い出す

・山田のキスでうららの記憶が戻る

・その後、みんなも日に日に記憶を取り戻していった

・レオナが言うには高校を卒業して魔女の呪縛から解放されていたから、ということらしい

・新郎山田の控室には宮村たちが集まっていた

・宮村にプロポーズしているところへうららが来たときの回想をする

 「山田くん・・宮村くんと結婚するの・・・?」(うらら)

 「はあ!? んなわけねーだろ!! オマエに言うつもりだったんだよ!!」(山田)

 「・・・はい!」

・プロポーズをずっと待っていたうらら

・きかっけだったブラジル転勤は「出張」の間違いだった

・そんな思い出話をする仲間たちに「あのさ・・」とあらたまる山田

 「みんなありがとな!これからもよろしく・・・!」
 
 
・式が始まり神父は副業でやっているという詫摩

 「それでは誓いのキスを」(詫摩)

・キスをする二人

 「入れ替わったらどうしようかと思ったわ・・!」(うらら)

 「俺も! 」(山田)
 
 
・息子に本を読み聞かせする山田

 「ところがある日 あることがきっかけで

 山田くんは全く別人のような姿になってしまったのです

 なぜなら この学校には・・・

 それは恐ろしい『7人の魔女』がいたからです・・!!」(山田)

・ウソだー魔女なんていない、という息子

 「おかあさん 魔女っているの!?」

 「ええ そうね

 だってお母さん 昔は魔女だったもの・・・!」(うらら)

 びっくりする息子

 「おとうさん つづき! つづきよんで!!」

・読んでもらっていたのは「山田くんと7人の魔女」の本でした
 
 
おしまい
 

スポンサーリンク

感想まとめ

5年に渡り28巻で終わってしまった『山田くんと7人の魔女』。

最終巻の結末に読者はどんな感想を持ったのかネット上から集めてみました。

卒業後のその後が描かれていて幸せな気分で読み終えることができた、といった感想もありました。

うららと山田くんが幸せな家庭を築いているところまで描かれていて

その後がきになるという終わり方ではなかったので、満足しているファンが多いようでしたね。

あなたはどんな感想を持ちましたか?

 
 

まとめ

山田くんとうららちゃんが結婚して幸せになる結末でよかったですね。

エピローグの10年後ではそれぞれの恋の行方や進路が描かれていて、最終巻としてはファンとしては満足な内容でした。

また28巻の巻末には山田くんとうららの結婚式の4次会として宮村くんと伊藤さんがみんなの高校卒業後を語っています。

うららは卒業後に殿大に短期留学生として3ヶ月日本にいた話や

潮がねねに20回以上告白して振られた話など裏話がいっぱいでしたので

まだ読んでいなければ、ぜひ最終巻28巻を楽しんでくださいね。

以上、『山田くんと7人の魔女の最終巻28巻の結末の内容をネタバレ』でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

下のコメント欄から「山田くんと7人の魔女」の最終巻28巻の感想を教えてもらえるとうれしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ