アニメ好きなら知っておくべき秘密

【NANA】矢沢あいの復帰と連載再開についてや結末の予想

(2017年10月6日追記)

漫画『NANA)』が作者の矢沢あいさんが病気により 『Cookie』での連載を休止中。

連載再開はどうなるのか作者の現在の状況など復帰について調べてみました。

また未来のシーンや作者のインタビューなどから

『NANA』の結末はどうなるのか予想をしてみました。

Sponsored Links

矢沢あいの復帰と連載再開について

連載誌『cookie』の2009年8月号から休載している『NANA』。

2007年から2017年の現在までの主な状況をまとめてみます。

休載から現在までの矢沢あいさんの主な状況まとめ

・2007年夏頃に手術、その後倒れ一時危険な状態に
(矢沢さんの友人でもある漫画家・小花美穂さんのブログより)

2009年6月に休載を発表

・2010年に雑誌『女性自身』に女性専門医療機関に通院していると掲載

・2013年に3年ぶりに『cookie』の表紙を描き下ろし

・2015年9月号 の女性誌「BAILA」付録『一生りぼんっ子宣言』にてインタビューが掲載

・2016年3月発売『タイムスリップ! 東映アニメーション 80s~90s GIRLS』にて対談が掲載

・2016年9月号の女性誌『ROLA』の矢沢あい特集でインタビューが掲載

・cookie2007年1月号で単行本の巻末にも収録される『淳子の部屋』を再開

・ミュージシャンの「JUJU」の曲「いいわけ」とコラボ、イラストを描き下ろし(2017年10月)
 
 
※上に挙げた以外にも付録の描き下ろしなどの仕事をしています。

現在も病気のため休載中。(病名は非公表)

2017年10月に発表されたJUJU「いいわけ」とのコラボ ↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いいわけ [ JUJU ]
価格:1279円(税込、送料無料) (2017/10/7時点)

『タイムスリップ! 東映アニメーション 80s~90s GIRLS』の矢沢あいさんの対談では

ご近所物語のアニメ化したときの思い出話が主でした。

『NANA』の連載に関しては2016年9月号の女性誌『ROLA』のインタビューで答えています。

集大成。
持ち札を全部出そうと思って挑みました。
続きをお待たせしてすみませんが、いつか出し切りたい。

と連載再開に向けての気持ちが書かれていました。

他にも矢沢あいさんが恋愛するなら「素敵なおっさんになりそうな京介」。

夢を追う主人公を描こうと思った理由については

「私が描きたいのは 恋愛でなく登場人物の生き様だからですかね。」

と答えています。

また『一生りぼんっ子宣言』では矢沢あいさんは病気をしてからファッションも変わってきたことを話されています。

体を壊して以来、服は素材感と着心地重視でブランドにはこだわりません。

ただ、スポーツウェアだけはadidass by stella McCartney(アディダス バイ ステラ マッカートニー)が好き。

デザインも機能性もどちらもよいと思えるものがほかではなかなか見つからない。

体のために、やはり動きやすい体にやさしい素材を選んでいるようですね。

そして子供の頃からファッションに興味があったということで

スポーツウェアのデザインもおしゃれなものを選んでいます。

adidass by stella McCartney のウェアは下の画像のものになります。

1967年生まれの矢沢あいさんは2017年で50歳。

体力も年々落ちてしまう年齢になっていきますが、復帰はどうなのでしょうか?

 
 

復帰はどうなる?

2017年1月号で久々にナナと奈々を描いた矢沢あいさん。(詳細はこちら⇒『NANA22巻発売日とネタバレ』)

いきなり連載再開は病気や年齢を考えると厳しい状況かと思いますが

『淳子の部屋』を再開をしたこともあり、本編も少しずつながら描き溜めているのではないでしょうか。

矢沢あいさんの漫画に対する情熱を友人でもある漫画家の小花美穂さんがブログで書いていました。

矢沢さんをはじめ、周りのビッグな方を見ていると、大物な人ほど、人知れず裏で血ヘドを吐いています。(キタナ目な表現でスミマセン。でも的確なので。)

MIHO OBANA OFFICIAL BLOGより

2010年にイラストを1枚描き上げるのに、矢沢あいさんはかなり疲労されたということですから

『淳子の部屋』を描いたのも体力的に大変だったのではないでしょうか。

また、そこまで回復してきているともいえますね。

ただ復帰されるのは体調をみながら休載中に少しずつ描きあげ

最終回の結末がみえた頃に復帰、連載再開となるのではないかと思います。
 

2017年10月追記

歌手のJUJUの依頼から新曲のイラストを描くことになった矢沢あいさん。

元気そうでファンもひと安心ですね!

徐々にメディアに出てきてそろそろ復帰も近いかもしれません。
 

Sponsored Links

長期休載から連載再開した作品の例

長期休載からの連載再開した作品の例をあげると『ブラックラグーン』の作者・広江礼威さんが

2010年から体調不良により休載をはさみながら連載、2014年から2017年2月現在まで長期休載していますが

2017年春に連載再開することが発表されています。

その間(休載中)にコツコツとネームを描き上げていたそうです。(詳しくはブラックラグーン11巻発売日の記事へ)

広江礼威さんは男性作家で病気も違うかと思いますが

こういった例があると矢沢あいさんも復帰・・と期待したくなります。

締め切りに追われるより、ゆっくり思うままに結末まで描いてもらえていたら嬉しいですね。

ファンはいつまでも待っていてくれますから、見守っていたいと思います。


 

NANAの結末を予想

連載再開が待ち遠しいですが、それまで結末はどうなるのかを予想してみました。

まずは簡単なこれまでのあらすじと描かれている84話までの現在と未来のシーンをまとめてみます。

NANAのあらすじ

奈々はタクミと付き合うが別れた直後にノブと関係を持ち妊娠。

どちらの子かわからないままタクミと生きる決意をした奈々。

一方、ナナは恋人のレンとケンカをして音信不通に。

ボーカルのレイラがいなくなり、レンがナナの誕生日に会いにく前にレイラを迎えにいく。

雪の中、週刊誌が追いかけてくる車にスピードをあげ黒猫がナナに見えたレンは

ハンドル操作を誤って事故死してしまう。

現在の状況

・ショックからレイラの記憶から『レンの死』がなくなっている

・タクミはレイラのそばにいて、奈々もナナのそばと離れて暮らしている

・何も話さなくなったナナだったが元気を取り戻してくる

・奈々の出産まで約1ヶ月~1ヶ月半
(レンの事故死は3月4日、出産予定は4月末)

21巻までの未来の(モノローグを含んだ)シーン

・奈々はサツキ(6才)と蓮の二人の子供がいる

・タクミはナオキやレイラとイギリスに住んでいる

・蓮は冬休みからイギリスのタクミのもとにいる

・レイラと蓮は仲が良く、蓮のひくギターでしかレイラは歌っていない

・奈々は春休みにはサツキを連れてイギリスにいるナナに会いに行こうと思っている

・ノブは旅館を継ぐために実家で働いている

上にある現状を示唆するセリフやシーンから考察していきます。

蓮は誰の子か?

お腹の子を奈々はずっと「さっちゃん」と女の子と思ってきていましたが

未来シーンではサツキは妹でお兄ちゃんは蓮。

下のシーンからお腹の子は男の子だったのか?みてみます。

12巻
(未来)サツキと話しているところからヤスが昔のシンを思い出す「6歳児レベルってことか」 

16巻
(現在)「頼もしい奴だな やっぱり幸子は男だろ」(タクミ)

20巻
(未来)「いや しょせんタクミの子だし」
 蓮にしつけ返されたタクミにナオキの言葉

「レンと同じ名前のあの子と手を繋ぐと自然と優しい気持ちになれるの 
 憎らしかったはずなのに・・・」(レイラ)

21巻 
 「だからパパもめったに帰ってこれないの?」(サツキ)

 「タクミだってサツキに会えなくて 寂しくてもがんばってんだからサツキも我慢しろ」(ヤス)

 「わかってる だからお兄ちゃんはパパの所にいるんだよ? パパが寂しくないように」(サツキ)

・レンのお墓参りで海に向かってしたサツキの願いは
 「家族4人仲良く暮らせますように」だからなんとかしてあげなくちゃと思う奈々

 蓮は誰の子か?レイラとタクミ?ノブと奈々?というのはネット上でも予想されていますが

 レイラが「憎たらしい」というのは奈々が産んだタクミの子供だからともいえます。

 サツキが6歳というのはヤスのセリフでわかりますが、蓮の年齢が不明です。

 サツキが「お兄ちゃん」と呼んでいること、家族4人と言っていることから

 奈々の最初の子は男の子(蓮)で二番目に生まれたのがサツキだったのかなと。

 もうひとつの可能性は・・・蓮はタクミと奈々の子でサツキはナナとレンの子ではないかと。

 それについては下の『ナナと奈々はどうなる?』のところで考察します。


 

トラネスはどうなる?

レイラがまた歌いだす日を、タクミがもう一度やろうって言ってくれる日をナオキは待っている、と言っています。

レイラは下にあるレンとのシーンのあとにレンを亡くし、そのショックから歌えなくなっています。

 

レンが薬を吸おうとトイレにこもり、それをレイラが泣いて止めているシーン(20巻)

「レイラの歌声はこの世で一番気がまぎれる」(レン)

 泣くのをやめ歌おうとしたとき

「でもナナは・・おれがお前を抱いて眠るより・・・ お前の子守歌で眠る方が嫌がるかな・・・」(レン)

 出そうと思った歌声を止める

歌えないよ・・・」(レイラ)

 座り込むレイラ 

未来のシーンでは連のギターではレイラは歌えている状況で

レンがいないことも受け入れているようです。

 

レンとの思い出の場所で語り掛けるレイラのシーン

 「タクミが大事にしているものは全部ぶち壊してやりたかった」

 「レンと同じ名前のあの子と手を繋ぐと自然と優しい気持ちになれるの 
 憎らしかったはずなのに・・・ 少しはあたしも大人になれたのかな -」

 レンがいた場所を見てもレンはいない、 涙を流すレイラ 

 ーねえ レン、何か言ってよー

 

 思い出の場所でレンがレイラに言っていた言葉

 「おれはナナがおれの思い通りにならなくても

 たとえ他の男と結ばれても

 ずっと変わらずに大事に思えるくらい

 優しい人間になりてぇよ 」
 
 
 未来のシーンではレイラ自身がそうなってきたということを「大人になったのかな」と

 レンに語り掛けていますから、タクミがそばにいなくても大丈夫な状態になりそうですね。

 蓮が成長してトラネスのギタリストになっているかもしれません。

 そして、もしかしたら「順一郎になったら迎えに行きます」と言っていたシンが

 レイラを迎えにいったらいいな、と。
 
 

Sponsored Links

ナナと奈々はどうなる?

ナナと奈々の間に何かがあり、奈々は「許してもらいたい」と思っています。

一方でナナは奈々に救われた命を大事にしたいと思っていることから

奈々は何かを自分のせいだと思っているようですね。

 

未来のシーンで歌うナナの左手薬指にレンからもらった奈々とお揃いの指輪。(16巻)

ーーーーーーー

・18巻のナナのモノローグ

 ねえハチ 潮風に抱かれていると 波の音が甘く誘う

 だけど あんたに救われたこの命を 捨てるなんてできないじゃない

ーーーーーーー

・19巻の奈々のモノローグ

 ねえ ナナ

 あたしがナナに会いに行くのは許されたいからじゃないの

 今もナナを好きだから

 ただ それだけだよ

ーーーーーーー

 子供がいるからとか 仕事があるからだとか

 今すぐナナを探しに行けない理由は色々あるけれど

 あたしはやっぱり怖いんだと思う

 伸ばしたこの手を 振り払われることが

ーーーーーーー  

 春休みまであと1ヶ月 
 - ねぇナナ もうどこにも行かないで わたしも逃げないから -

サツキはナナとレンの子の可能性もあるのではないかと上のほうで書きましたが

ナナがもしかしたら妊娠していた?と思わせるのが下のセリフです。

奈々がレンに子供の名前を付けてもらったとナナに電話しているシーン

 ー レンが花の名前を自分の子供に付ける気でいたなんて知らなかった

 焼酎がやけに胃にもたれる 飲み忘れていたピルを一緒に流し込んだせいかな - (20巻)

ナナはそれまでにピル(避妊薬)を飲んでいなかったことになりますから

妊娠する可能性はありますね。

胃にもたれるというのも既につわりの可能性があったのかも?しれません。

そうなるとナナが女の子を産んでから最初にレンが奈々の子につけた『皐(さつき)』にした可能性もあります。

ナナは産んだあと、何かがあって奈々が赤ちゃんのときからサツキを育てているのかな、と。

この予想はレンの忘れ形見がナナにいてほしい、そんな希望を含んでいます。。。
 
 
U-NEXTで今なら600円分のポイントをもらってNANAが無料で読めます。
↓↓↓

無料トライアル期間中にポイント600円分が使えるので

アニメや映画はもちろん、NANA以外の気になるコミックや雑誌も読めます。

無料期間中にポイントを使っても料金はかからないので

600円もらって無料で試すことができます。

使わないと損なので気になるNANAのあのシーンをもう一度見てみるのもいいですね。

結末はどうなる?

インタビューで矢沢あいさんは『私が描きたいのは 恋愛でなく登場人物の生き様』

と語っていたように誰と誰がハッピーエンドになったという結末よりも

誰がどう生きたか、というところが結末になるようです。

そう考えるとタクミは子供の頃からレイラを守ってきてますから

奈々と同居するしないに関わらずレイラをこれからも守っていくのかな、と。

ノブと奈々の関係も気になりますね。

着付けもできて料理も上手ですから旅館の女将に奈々は似合う気がします。

でもきっと会いに行ったナナとともに支え合っていく

そんな結末になっていくかもしれませんね。

 
 

まとめ

矢沢あいさんが健康であること、思うように描き続けられることが一番ですので

『NANA』のこれからを想像しながら復帰を待つとしましょう。

あなたはナナたちがこれからどうなっていくと思いますか?

下のコメント欄からあなたの予想を教えてもらえると嬉しいです。

以上、『【NANA】矢沢あいの復帰と連載再開についてや結末の予想』でした。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

One Response to “【NANA】矢沢あいの復帰と連載再開についてや結末の予想”

  1. peace より:

    1巻の始まりからこの物語は奈々を中心にいろいろと変化していく、話だと思います。

    1巻の表紙絵はカラーで2人います。
    でも、2巻の表紙絵はモノクロで窓辺にナナしかいない。
    これを見て全部の表紙絵を並べると、まるで走馬灯のように時間を旅しているように見えます。

    冒頭から奈々は、ねぇ、ナナ覚えてる?からの始まりは、奈々が今後亡くなるようなきがしてなりません。

    今までの思い出をナナが覚えてたら嬉しいなって気持ちで奈々は、ねぇ?ナナ覚えてる?と聞いてるように思います。
    NANAのトランプでも、ジョーカーは奈々だったように、この話は奈々が鍵を握ってると思います。

    純子が奈々から恋を取ったら何も残らないとゆうように、奈々が死んでるかも知れないと思ってもおかしくはない。
    たくみでも、のぶでもない、ナナが居なくなってからの生活で何かしらの思いを一番ナナにしてるのは確かです。

    ナナが戻って来てから、さつきがレンとナナの子だとすると、ナナがさつきと暮らすようになり、ちびレンはレイラとタクミに育ててもらえばいいと思ってしまい、自分が居なくなればいいと思う感情が一番強くなり、これで、最初からの自分が居なかった世界が戻ればと願って死ぬ気がします。
    奈々が約束を果たせなくてごめんねの笑顔が凄く印象的です。
    全員の幸せを最後願っていくんぢゃないかと想います。
    だから、奈々の物語なんだと思いました。

    でもそうなると、ナナがまた置いていかれた悲しみに生きていく。
    結局負の連鎖はつづいてって、奈々が引っ掻き回して終わるんぢゃないかと思っています。

    わからないですが
    ハッピーエンドが見えないです。

    レンが死んだ事でナナはまた置いて行かれた恐怖が自分を襲ってくるのは確かです。

    また負の連鎖が続くきがしてなりません。

    矢沢さんに、わたしも似たような経験があるので答えを教えて貰いたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ