アニメ好きなら知っておくべき秘密

【漫画】あまつき最終巻のネタバレと結末を無料で読む方法を紹介

ファンタジーマンガでありながら作者自身から近未来ものと定義される

一風変わった世界観を描いた「あまつき」作者:高山しのぶ。

個性豊かなキャラクターと独特の世界観で多くの読者を虜にした本作ですが

2017年8月に連載を終了。2018年4月末についに最終巻が発売されました。

そこで今回は「あまつき」の結末ネタバレと感想をまとめました。

また最終巻を無料で読む方法についても紹介します。

Sponsored Links

最終巻までのあらすじ

テストで赤点をとった六合 鴇時(りくごう ときどき)は春休みに補習として

大江戸幕末巡回展に行くことになる。

そこで朽葉(くちは)という犬神付きの少女を夜行と鵺(ぬえ)から助けた事がきっかけで

あまつき」という異世界に迷い込んでしまう。

全く同じ経緯で巻き込まれ2年前の「あまつき」に迷い込んだ

同級生、篠ノ女 紺(しののめ こん)と共に現実への帰還方法を探すが

鴇時(ときどき)のみこの世界の支配者、帝天の支配を受けず筋書きを書き換えたり

イメージを実体化する力を手にした事で

帝天の支配を抜け出そうとする梵天(ぼんてん)や

坂守(サカガミ)神社の姫巫女(男)の銀朱(ぎんしゅ)から協力を求められる。

鴇時はどちらの協力にも答えず、己のできる事を一つずつ解決していく。

そして、そんな鴇時との触れ合いにより銀朱(ぎんしゅ)も帝天に反逆の意思を固めるも

あえなく失敗、その存在を抹消されてしまう
 
 
一方、現実世界では、鴇時が「あまつき」に行く半年前

元刑事の産業スパイ半(はした)は依頼により

千歳(せんさい)コーポレーションを調査していた。

そこで「夢を実現させる」というプログラムと不自然な資金の流れ。

そして7年前に亡くなったはずの蘇枋(すおう)が関わっている事を突き止める。

さらにこの蘇枋の弟分、鴇時と接触した際「ちとせさん」という人物の存在を知る。
 
 
再び舞台は「あまつき」

自身の道を突き進む鴇時は梵天率いる天座と親交を深めるが

敵対する陰陽に連なる朽葉は鴇時と別れ陰陽寮に所属し、天座と敵対してしまう。

おまけに銀朱の裏切りをなかった事にする為書き換えを行った帝天の力に巻き込まれ

紺は記憶を失ってしまう。

その後、夜行の乱入などで陰陽寮と天座を協力関係にし

朽葉、紺とも再び友情を結ぶが第十四代将軍徳川家茂が鵺に襲われている現場に居合わせ

救出しようとした事により事態は再び緊張に包まれる。

何とか家茂の救出には成功するがその代償は大きく

朽葉は瘴気の渦に引きずり込まれてしまう。
 
 
再び物語は現代に戻る。

半たちは鴇時の言葉を信じ千歳が関与している「大江戸幕末巡回展」へ

バイトとして潜入する。そこでこの一連の出来事の依頼人が紺だと明かされる。

バイトを終えた半は刑事時代の因縁の相手、漆原と対峙し

半が溺愛する娘、璃々の正体や漆原の司法取引など様々な事実が明かされていく。

その頃、半(はした)の上司、白藍(しらあい)は叔父が漆原を自身の企業に引き入れようとしていることを知る。

しかし、協力者のハッカーである若桜から弟と半が消息不明との連絡が入り、

白藍は若桜に璃々を連れて事務所から避難するよう指示するが

その直後に事務所ビルが爆発、千歳について探っていたメンバー全員が消息不明となる。

翌日「怪我人は一人も出なかった」と報道され、半たちの存在は闇に葬られ

鴇時は「大江戸幕末巡回展」行きを言い渡され、紺も依頼相手との連絡がとれなくなる。
 
 
再度「あかつき」に舞台は戻る。

瘴気に当てられ寝込んでいた鴇時は天座、陰陽寮から世話を受け快方に向かっていた。

しかし、梵天は帝天によって力を奪われてしまい

仲間の空五倍子(うつぶし)の存在が不安定になってしまったため

鴇時は空五倍子の面倒を見ながら力を使いこなす修行を開始する。

そんなある日、江戸城が瘴気に包まれ、城内にいた徳川家茂もそれに呑み込まれてしまう。

そこに夜行、そして朽葉がいる事を確信した鴇時は仲間と共に乗り込む。

皆で侵入したものの点滴をした青年を追いかけて梵天がどこかへ行ってしまい

鴇時は紺と共に梵天を追うとこの世界にあるはずのない指紋認証システムが現れ

紺の指紋と名前認識で御簾が開く。

さらにその奥には鏡合わせになって写る徳川家茂とちとせの姿があった。

その後、梵天と合流するが雲外鏡と対峙。

なんとか倒すも粉々の破片が鴇時を襲い、それを庇うため現れた空五倍子により

難は逃れるが空五倍子の仮面が完全に割れ、その正体が半だった事を知る。

Sponsored Links

最終巻のネタバレ

紺が世界を構築した一人であり、半に依頼した張本人など

次々と真実が語られる中、死んでいるも同然の姿で生きていた蘇枋と再会する鴇時。

しかし蘇枋からは自分を殺してほしいと言われる。

そしてそれは同時に「あまつき」に繋がれた多くの人間の命を救う事だった。

鴇時は苦悩の末、世界を終了させる決断をくだし、ついに現実への帰還を果たす。

アニメの続きと最終巻が読める

真実が次々と明かされ蘇枋と再会した鴇時のシーンは感動ものでした。

2008年にアニメ化された「あまつき」を見た人は原作の終わりも必見です。

アニメも動画配信サービスU-NEXTで配信中(2018年5月現在)ですが

漫画も読むことができ「あまつき」の電子書籍も配信されています。

今なら登録時に600ポイントもらえるのでコミックの購入に使用することができます

あまつきの最終巻を読んでアニメをみて振り返るのもいいですね。

31日間の無料期間内に解約すれば料金は一切かからないので

アニメに漫画に楽しんでみて下さい。

U-NEXT公式サイトはこちら
登録も1分ででき解約も簡単にできるので安心して試すことができます。


※本ページは2018年5月現在の情報になります。
 最新情報は公式サイトよりご確認ください。

読者の感想まとめ

・毎巻ごとに展開が動きまくって最後まで目が離せなかった。最高の時間をありがとう。

・タイムスリップだと思ったら最新テクノロジーだと知った時の衝撃が忘れられない。

・上級者向け、マンガ偏差値高めの作品だと思う。

・伏線が物凄く多いのに回収の仕方は芸術的。

・これほど魅力的なキャラが多い作品も珍しい。限定版の小冊子は完全にご褒美です。

・これでデビュー作とかまさに天才的。新作も完全に読編なんでまだまだ続きが楽しみ。

まとめ

長年続いた「あまつき」ですが2018年4月についに最終巻が発売され

その圧倒的人気に幕を閉じましたが、新作「未完成サイコロトニクス」は

「あまつき」と世界観が繋がっているので続きのように楽しめると評判です。

※「未完成サイコロトニクス」もU-NEXTで配信中です。

以上【漫画】あまつき最終巻のネタバレと結末を無料で読む方法を紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ