アニメ好きなら知っておくべき秘密

【漫画】デビルズラインの11巻までのネタバレと評価と感想まとめ

月刊モーニングtwoで連載中の吸血欲を持った鬼と人間の戦いを描いた

「デビルズライン」作者:花田凌。

累計発行部数150万部を突破し2018年4月よりアニメ化が決定するなど

今、注目を集める「デビルズライン」の内容と感想などをまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

デビルズラインの11巻までのネタバレ

これよりネタバレになりますので

ネタバレを知りたくない方はご注意下さい。

ーーーーーーーーー
 
 

「吸血鬼殺人事件」が話題となり、3人の女性が被害に遭った事もあり

大学の帰りを秋村に送ってもらう「つかさ

しかし秋村こそ「吸血鬼殺人事件」の犯人で殺される寸前に安斎に助けられる。

そしてつかさは鬼の存在を知り

安斎と安斎が所属する鬼を取り締まる公安五課F班と関わっていく事になる。

その後、鬼が狙撃される事件が発生。

犯人は07のコードネームを持つ天城那々子で安斎は那々子によって瀕死の重体を負うが

安斎と同じONLOという国が運営する鬼の養護施設出身の李ハンスの持つ血により回復。

その後、鬼を排除する組織CCCにより鬼の存在が世間に公開され

さらに公安五課A班の菊原が静かに息の根を止められ那々子も重症を負う。

そこで鬼であり、現場の目撃者の片桐龍之介をF班が保護。

公安五課B班の牧村が裏切り者だと判明する。

その後、片桐を鬼を受け入れる病院に連れていきそこで入院していた那々子と再会。

そこでCCC09のコードネームを持つ吉井健一と

那々子の二人と共に人質として行動を共にするつかさ。

逃走の末にホテルに逃げ込み、公安五課C班の牛尾に保護されるつかさ。

その後、不審な牛尾から安斎に再び救われるが

つかさは那々子と吉井と確かな絆を結び、連絡先を交換する。

そしてその縁からCCCの経理担当、住森麻夕の保護に成功。

任務と並行しCCCの全貌を調べるが裏切り者の菊原によって

安斎は再び瀕死の重傷を負う。そこでつかさは自らの血を安斎に与え命を救う。

安斎は昏睡状態の中、過去を思い出し、その後自身の両親の悲劇。

鬼と人の共存について苦悩。つかさも安斎の母みどりと出会い

安斎の両親の悲劇を知る。その後、安斎に血を与えた事が危険視され

三カ月の接触禁止を命じられ、さらに安斎は鬼のハーフである事が原因で

警察を退職させられ、さらにその危険性から監視がつきまとう生活となる。

無職となった安斎は母、みどりを訪ね、帯広に向かう。

そこで鬼の排除を目論む大学教授の落合に襲われるが窮地を菊原に救われる。

一方、つかさも鬼について深く知ろうと帯広に訪れていた。

菊原によって救われた安斎は母みどりと無事に再開。

鬼の生態や李ハンスの過去、そしてハイブリット計画と呼ばれる悪魔の実験を教えられる。

そして安斎は自らの出生の秘密を知り、ついにつかさとも再開。

今まで抑えていた感情があふれ、二人は抱きしめあう。

その後、みどりらの助力もあり、二人はより親密な関係になろうと深く、お互いを感じあう。

Sponsored Links

デビルズラインの評価と感想まとめ

「デビルズライン」のAmazon評価は星5がほとんどを占め

1巻だけ無料で読んでその後全巻一気買いした人が多数。

Reader Storeでも星4~5が大半を占め、読書メーターでもかなり高評価。

こちらでは主人公の安斎とヒロインのつかさの恋の行方が注目を集めているようです。

などTwitter内でもかなり注目を集めています。
 
 
また気になる「デビルズライン」の最新刊はUーNEXTで読むことができます。

無料登録で600ポイントがすぐにもらえるので

「デビルズライン」の最新刊の購入に使うことができます。

無料期間は31日間で期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

600ポイントサービスはいつまであるかわからないので

今のうちに動画も雑誌も楽しめるのでU-NEXTからチェックしてみてください。

U-NEXT公式サイトはこちら

まとめ

現在大人気の「デビルズライン」ですがその独特の世界観や

少しダークな物語も重要ですが、感想などを見るとそれ以上に甘酸っぱくも

決して結ばれそうにない禁忌の恋愛模様が気になる読者がとても多いようです。

本格ミステリーでありながら吸血鬼といったファンタジーや

裏切りなどといったダークな要素、そしてこの恋愛模様こそが

「デビルズライン」の人気の秘訣のようです。

以上、デビルズラインの11巻までのネタバレと評価と感想をまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ