アニメ好きなら知っておくべき秘密

【小説】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない6巻までのあらすじ内容

不器用な兄妹がラノベを通じて親しくなっていくライトノベル

「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」作者:恵比寿清司。

通称『いもいも』。

2016年から連載開始した本作ですがわずか2年でアニメ化に成功。

妹モノラブコメに新しい風を吹き込みました。

そこで今回はこの「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」の内容について

あらすじ、感想などをまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない1巻 あらすじ

ライトノベル作家になりたいと少し夢見がちな主人公、永見裕(ながみ ゆう)

自他共に厳しく凛とした優等生の妹、涼花(すずか)

二人はよくいる兄妹といってもおかしくないが少しだけ変わった所がある。

兄がデビュー所か毎回1次予選落ちなのに懲りずにラノベを投稿し続けていること。

妹が普段兄に厳しいのに実は重度のブラコンであること。

そして妹が書いた文章で兄がライトノベル作家としてデビューしてしまった事だ。

勿論、裕がこっそり盗みだしたとかではなく、涼花に頼まれて渋々デビュー。

でなければわざわざ兄妹がずっとイチャイチャするラブコメなど書くはずがない。

こうして兄、裕は「永遠野誓」(とわのちかい)というペンネームを拝命したのだった。

勿論、2人で1人の作家として生活を送らなければならないので

これまでよりもはるかに密着度があがり急接近。

本当に必要なのかという位接近してくる妹に優もタジタジ。

ツンデレで素直になれない涼花も理由をつけては一緒に行動しようと奮闘。

裕は自身がデビューする前に妹の誘惑に打ち勝つことが出来るのか。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない2巻 あらすじ

永遠野誓としてデビューした裕だがその姿に疑念を抱くものが現れる。

同じ学校に通う現役ラノベ作家、炎竜焔(えんりゅうほむら)こと氷室舞(ひむろ まい)

学校ではそのクールな態度と美しい容姿から「氷の女王」と呼ばれているが

絶賛スランプ中で、デビュー後すぐにファンになり、一方的にライバル視していた

永遠野誓の正体は裕ではなく、別の誰かではないか。

一度疑いの眼で見てしまうと次々と疑念がわき、正体がバレると最も困る涼花は

舞の前でわざと裕とイチャイチャする事でラノベの内容通りのシスコンだと思わせ

そしてやはり裕こそ永遠野誓だと思い込ませてしまおうと画策する。

しかし、新人声優で天然少女、永遠野誓のファンと自称する

水無月桜(みなづき さくら)までもが裕をお兄ちゃんと呼び事態は混沌としていく。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない3巻 あらすじ

大手同人サークルで活躍する有名同人作家姉妹、神崎春奈(かんざきはるな)秋乃(あきの)

二人は姉がシナリオ、妹が絵を担当していますが姉、春奈は新人賞受賞する実力で

妹の秋乃も挿絵デビューが決まるほど。そんな姉妹が永遠野誓に勝負をしかける。

勝負の内容は、互いに永遠野誓作品の同人誌を作り、即売会での売上を競うというもの。

神崎姉妹に永遠野誓はストーリーがないと言われた涼花は負けたら引退するとまで宣言。

涼花は同人誌に勝つため再び裕とイチャイチャし、涼花の母校で文化祭デート

おまけに永遠野誓の挿絵を担当するアへ顔Wピースというスタイル抜群の美人だが

名前の通り非常に残念な女性が登場。場を散々かき乱す。

涼花は作家引退と兄への想いを成就させる事ができるのか、波乱の展開。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない4巻 あらすじ

永遠野誓の作品「お兄ちゃんが好きすぎて困ってしまう妹の物語です。」が

ついにアニメ化決定。しかしアニメの監督と妹萌えの方向性の違いから対立。

裕は監督説得の為、妹萌えの特訓をする事になる。

すると妹萌えを理解しようと奮闘する裕の前に

以前、永遠野誓のファンだといった新人声優、水無月桜が

次々と実績を積み、見事妹役を射止めて現れる。

妹萌えを理解しようとする裕と裕をお兄ちゃんと呼び慕う水無月桜。

この二人のセットに危機を感じた涼花は必死に対抗意識を燃やし暴走。

おまけにアへ顔Wピースが乱入してきて事態は混沌としていく。

さらに水無月桜の隠された本性や妹萌えを理解したがゆえに

自覚してしまった裕の葛藤なども明らかになる。

そして皆の混乱を他所にアニメ化は進んでゆく。

Sponsored Links

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない5巻 あらすじ

裕は涼花の代理として永遠野誓としてデビューしましたが

あくまで夢は自身の手でライトノベル作家になること。

そんな裕に新人賞最終選考まで残ったという朗報が伝わる。

しかし、結果は惜しくも落選。理由はヒロインが可愛くないから。

そして裕はラノベ作家にとって致命的ともいえる弱点を克服する為

裕の理想のヒロイン探しを決行する。

ヒロイン探しはクリスマス旅行にまで持ち越されるが涼花だけでなく

他のヒロインたちもこぞって参戦。

そして裕の理想のタイプがついに明らかになる。

勿論、今回もデレ度100%+他のヒロインへの嫉妬で

密着度が異常に高い妹があの手この手で誘惑してきます。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない6巻 あらすじ

氷室舞と永遠野誓が新作短編ラブコメで勝負。

勝った方が何でも言う事を聞く勝負の前に涼花は勝つために妹を封印。

恋人のストーリーを描くことを宣言する。

当然ながら取材の為に裕と涼花のデートとなるかと思いきや

なんと取材の為に涼花は女子寮に入ってしまう。

天才的才能と地道な努力で今の地位を築いた舞の前に

裕も懸命に涼花をサポート。二人で一つの作品を完成させていく。

そして人気投票が開始され、二人の女の熱い戦いが火ぶたを切る。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない7巻発売中 ↓↓

感想まとめ

まとめ

妹萌えを極限まで昇華した作品「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」ですが

今まであったハーレム要因の一人の妹ではなく

実の妹をどれほど魅力的に描けるかに特化したことにより不動の人気を獲得しました。

以上、「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」の内容について

あらすじ、感想などをまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ