アニメ好きなら知っておくべき秘密

【漫画】血界戦線の最終巻10巻結末ネタバレと暗号の意味

「技名を叫んでから殴る」というお約束をコンセプトにした「血界戦線」作者:内藤泰弘。

2度のアニメ化により爆発的人気を呼んだ本作。

アニメ1期放送中に原作が完結してたのちの2期放送にファンは歓喜しました。

今回は最終回でのわかりづらかった暗号などを原作の結末とともに紹介します。

Sponsored Links

アニメ1期2期は血界戦線は原作10巻まで

アニメは1期、2期共に1クール放送で全24話+番外編1話と

ほぼ全ての原作エピソードを網羅していますが

・トーニオ・アンドレッティ最後の19時間(2巻収録)
・パンドラム・アライサム ラプソディー(3巻収録)
・Cherchez l’idole(4巻収録)
・The Outlaw of Green(6巻収録)
・エスケープ フロム ペイン チェインリアクション(7巻収録)

の五つの話がアニメ未収録となっています。

「血界戦線」は1エピソードごとの内容が非常に濃いので

1巻分以上収録されていない内容がある事になります。

また、アニメは見やすさ重視の為、展開のわかりやすさやキャラクター

特にレオ、ザップ、クラウスの出番が非常に多いですが

原作では群像劇といった脇役と思われがちなキャラクターが活躍するエピソードなども

多数収録されています。

勿論、先に挙げた3人もアニメ以上に大暴れする熱い展開が多数あります。

ちなみに続編の「血界戦線 Back 2 Back」でも今まで通りの疾走感ある内容と

熱いバトルが展開されておりチェインなど脇役にスポットライトが当たっています。

Sponsored Links

血界戦線の最終巻10巻結末ネタバレ

そんな原作第1部最終巻、10巻の内容ですが

アニメ2期最終回でも収録された「妖眼幻視行」となっています。

これよりネタバレになりますのでご注意ください。

ーーーーーー

レオは神々の義眼を手に入れた代償として妹の目を奪われた。

そして妹の目を取り返すためHLを訪れ、ザップ達と出会い行動を共にしています。

つまり妹への贖罪の為、戦場に身をおいていたのです。

そんなある日、妹のミシェーラが婚約者を連れて結婚挨拶に現れます。

レオはライブラに所属している事を妹に教えていないので

仲間たちは影でこっそりミシェーラを見守ります。

しかし、現れたミシェーラの横には大きなバケモノがおり、レオの眼だからこそわかる

怪異だった。

バケモノの正体は「Drガモミヅ」レオの持つ神々の義眼を含む

神々の義肢の調査と研究が目的でミシェーラの婚約者、トビーを体内に取り込んでいた。

Drガモミヅ曰く神々の義眼保有者は観察者に選ばれた者で

研究の為に片方だけでも譲ってくれないか、研究次第で妹の眼を何とかしてやるなど

レオを誘惑するほどDrガモミヅが欲しいモノ。

気持ちを激しく揺れ動かすレオだが、タイミング悪く血界の眷属が出現

神々の義眼が血界の眷属の名前を読み取る事を知ったDrガモミヅは

妹のミシェールを人質にレオに取り憑かれてしまう。

音速猿のソニックの機転によりクラウスに事態が伝わるが

完全に身体を乗っ取ろうと画策するDrガモミヅによって改造されそうになる。

ミシェールと共に必死に抵抗し、レオはDr.ガモミヅの義眼を破壊。

クラウスによって招集されていたライブラの仲間たちによってDrガモミヅは

完全に破壊される。

その後、レオは満身創痍のまま入院。

妹のミシェール「兄のことをよろしくお願いします」とクラウスに告げ

レオに会わず自分の国に帰っていく。

ーーーーーーーー

レオがクラウスに送ったメッセージの意味

レオがクラウスに送ったメッセージで「10-33」

この暗号コードには「緊急事態発生」という意味があり

血界の眷属が出現など緊急事態であることを知らせるメッセージでした。

クラウスのセリフなどでも表れているので

アニメしかみていない場合には最終巻を読んでみるとまた楽しめますよ。

最終巻はページ数が多いビッグボリューム版で

U-NEXTの無料トライアルで600円分のポイントをもらえるので

そのポイントで血界戦線を1冊読むことができます。

31日間のお試し期間中では動画ももちろん楽しむことができるので

たっぷり楽しんでみてください。

もちろん、600ポイントは他の読みたい漫画に使えますので

読みたい漫画や観たいアニメがないか公式サイトでチェックしてみてくださいね。

U-NEXT公式サイトはこちら

感想まとめ

感想にもある通りウィッチ兄妹に対するコメントが非常に多いです。

私自身、妹のミシェールの行動力や兄、レオの献身などかなりグッときます。

また、今まで積み上げてきたモノを一気にまとめてしまうようなラストの展開に

第1部だけでもしっかり完結してしまっているので

私自身、しばらく続きがある事に気づきませんでした。

原作及びアニメファンなら絶対気に入る内容となっているので

気になる方はチェックしてみるのもいいと思います。

まとめ

原作、アニメで多くのファンに愛される「血界戦線」ですが

第1部最終巻の内容は兄妹愛と因縁の物語でアニメ1期以上の盛り上がりでした。

個人的に主人公、レオの妹はかなり好きなキャラクターだったので

かなり楽しく原作とアニメを見た記憶があります。

アニメ未収録エピソードについては今後OVAなどの可能性もありますが

現在連載中の第2部「血界戦線 Back 2 Back」も2017年12月に発売された4巻と

簡単に追いつける程度の巻数なので一度まとめて読んでしまうのも良いと思います。

以上「血界戦線」最終巻結末ネタバレ及びアニメとの違いを

感想などを交えてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ