アニメ好きなら知っておくべき秘密

【漫画】きょうは会社休みます結末ネタバレと番外編のあらすじ

恋愛経験ゼロの33歳女性のリアルを描いた「きょうは会社休みます。」作者:藤村真理。

「ハチミツとクローバー」「アシガール」などを輩出した

成人女性向け雑誌「Cocohana」で連載していた本作ですが圧倒的女性指示を経てドラマ化。

ドラマも高視聴率を維持しましたが原作の結末も気になるところです。

そこで今回は「きょうは会社休みます。」の原作結末についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Links

きょうは会社休みます最終巻までのあらすじ

これよりネタバレを含んだあらすじになります。

ーーーーーーーーー

青石花笑(あおいし はなえ)は33歳の誕生日の日。

同じ会社にバイトとしてきている大学生、田之倉悠斗(たのくら ゆうと)に

酔っぱらった勢いで処女を捧げてしまい、記憶がないが恋人になる約束まで交わしていた。

そんなこんなで恋人になる二人だが花笑に恋愛経験など皆無の為空回りの連続

おまけにイケメン社長、朝尾侑(あさお ゆう)にプロポーズされたり

お互いの家族に年の差をあまりよく思われなかったりと困難に見舞われながらも

ゆっくり仲を深めていき田之倉は花笑に就職内定が出た為プロポーズする。

しかし田之倉の内定会社がブラック企業と判明した為、内定を辞退。

花笑の会社も合併した事でリストラを怯えるなど経済的にもピンチになるが

なんとか乗り切り、会社の同僚や上司に婚約を発表。

親族の顔合わせ、スーツやドレスを選び結婚式場を探すなど

二人は着実に新生活に向かって行動していた。

花笑の妊娠しにくい身体だと告白しても田之倉は優しく対応それゆえ花笑は傷つくが

朝尾に励まされることで田之倉の元に向かい素直に気持ちをぶつけ

結婚式へと二人は想いを募らせていく。

きょうは会社休みます13巻(最終巻)ネタバレ

結婚式まで残りわずか。田之倉は花笑との新居に先に引っ越し一人暮らしをスタート。

花笑は勇んで夕飯を振るまうが味は至って普通。

そこで料理研究家の田之倉の母に弟子入りする事になるが

ここで登場する兄が妙に可愛らしく、さらに母もかつての怖さはなく

ゆっくり二人の味になっていくと言われ、恐る恐る田之倉に料理を振るまうと

味変えたと聞かれ、焦る必要は全くない事を知り田之倉母と笑いあい

家族が増える喜びを実感する。

その後、独身最後の一週間は友人たちとスイートルームに泊まるなど親交を深めあい

ついに結婚式当日を迎える。

Sponsored Links

ーーーーー

以下、最終話。
 
 
結婚式当日、家を出る前に両親に一声かけようとする花笑だが、父がトイレに籠城。

仕方ないので扉ごしに今までの感謝の気持ちを伝え出発。

着物を着て結婚式が開始。花笑は手順通り進めていくが思ったよりも着物がきつく

内心「もう少しゆるめてもらえたら」と後悔していくと意識が不意に遠のいていく。

そして目覚めると何故かベッドの上。

ここで花笑の「もしかして33年間処女のままの私」というまさかの夢オチ

と思わせてからの田之倉登場。

花笑はどうやら貧血で倒れてしまったようで救護室に寝かされていました。

花笑の回復を待って披露宴が開始。皆の笑顔に祝福されている実感を覚える二人。

一方、朝尾と氷見は仕事中。花笑と田之倉の結婚式の話になり二人を祝う為

どこか披露宴をやっているらしきレストランでシャンパンを開けて

「今日はトコトン飲むわよ」という氷見とそれに付き合う朝尾。

そして花笑と田之倉は結婚式終了後、二人の新居で甘い生活を過ごし

花笑は休暇届を出し忘れた為、慌てて会社に「きょうは会社休みます。」と連絡。

慣れないながらも田之倉の事を「悠斗」と呼ぶなどゆっくり愛を深めていく。

最終巻を読むなら

最終巻には番外編もあり結末を読むならU-NEXTがおすすめです。

無料トライアルで600円分のポイントがもらえるので

コミックの購入に使用することができるのですぐに読むことができます。

無料トライアルで気に入らなければ解約も簡単にできますので

31日間は見放題アニメなどの動画も試してみてください。

U-NEXT公式サイトはこちら

無料でもらえるポイントなどは2018年8月現在の情報になります。

最新情報は公式サイトをご確認ください。

番外編あらすじ

最終巻にはコミックに掲載されていない最終話のその後の話があります。

内容は二人の新婚生活で田之倉の今日は別々に過ごそうという言葉に不安になる花笑。

仕方なく了承し、一日ぶらぶら過ごして帰ると全ての家事を終えた田之倉が迎える。

いつも家事任せきりだったからとさわやかにいう田之倉を見て惚れ直す花笑だった。

きょうは会社休みますの感想

正直、第1話のインパクトが強烈過ぎて半ばの仲良くなっていく過程や

様々な問題に立ち向かっていく姿は

よくある恋愛ものだな程度の認識しかありませんでした。

しかし、個人的に花笑父と田之倉兄のかわいらしさは異常。

勿論花笑母や田之倉母、父などもかなりいいキャラしていますし

朝尾や氷見など脇を固めるキャラたちも魅力的ですが

わずかの登場であそこまでインパクトの田之倉兄はもっと早く登場して欲しかったです。

また、花笑の情緒不安定な感じが妙にリアルだったので

ああこれは共感すると実感しました。

最後にあんな素敵な人に囲まれて結婚式を盛大に祝ってもらえる二人は

読んでいるこっちまで幸せな気持ちにしてくれました。

辛い時や悲しい時に読むには最適なマンガだと個人的には思います。

まとめ

いざ読んでみるとあっという間に最後まで読み切ってしまう「きょうは会社休みます。」

ですが最後は二人が幸せになり、周りに祝福されながら幕を閉じるという

とてもスッキリする終わりを迎えてくれました。

ドラマ版では田之倉と朝尾の間でかなり心を揺れ動かしながら最終的に田之倉をとり

アメリカ留学から帰ってきた田之倉を迎えるという形でしたが

原作ではずっと一途だったのでドラマよりハラハラせず安心して見れると思います。

以上「きょうは会社休みます。」原作結末についてまとめてみました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ